クラウドファンディング投資研究所

サラリーマンを卒業した不動産鑑定士がクラウドファンディングに投資してみる(予算3000万円)

不動産投資型クラウドファンディングの伸びしろ

f:id:investment-totty:20200226073023j:plain

 

こんにちわ、トッティです。

 

新型コロナウイルスの影響で、在宅勤務を導入する企業が増えましたね。みなさんの会社はいかがでしょうか。

 

僕は2018年8月から自宅勤務のニート生活ではあるものの、たま~に会議があったりします。ただ、今は予定されていた会議(ついでに飲み会も)がことごとくキャンセルになってます。

 

この時期は花粉症も重なりますし....自宅に引きこもるのが一番ですね。

 

さて。こんな時期だからこそ、前向きになれるような話題でブログを更新したいと思います。

 

 

不動産投資型クラウドファンディングの潮流

 

1年以上前から不動産投資型クラウドファンディングの市場規模の拡大を夢見てましたが、早くもその夢が実現しそうです。

 

不動産の酸いも甘いも知り尽くした、機関投資家向けのリートや、東証一部上場の不動産のプロフェッショナルが参入。

 

例えばソーシャルレンディングで不動産のプロ中のプロと言えばOwnersBookですが、OwnersBookは東京23区の中規模オフィスビルを得意としているのに対して、

 

資本力のあるリート系であれば物件規模も大きく、かつエリアも広範囲になります。

 

さらには、各業者ごとの得意なアセットがありますので、オフィス、商業、住宅、物流、ホテルなどの投資の選択肢も増えると思います。

 

時代の変化を感じますね。

  

【東証一部上場クラファン】 

→ジョイントアルファ公式ページ

   

不動産投資型クラウドファンディングの伸びしろ

 

OwnersBookを運営するロードスターキャピタルの決算説明資料によると、上場REITの資産規模は15兆円、私募REIT・ファンドは16兆円だそうです。

 

機関投資家が運用するファンドは、今現在の個人向けクラウドファンディングとは比較にならない規模。

 

このうち、1%でも資金が不動産クラウドファンディングに流入すれば、数千億円のインパクトになります。

 

【次世代投資】不動産投資型クラウドファンディングの徹底比較・感想・超まとめ

 

不動産投資型クラウドファンディングが拡大するプロセス

 

不動産クラウドファンディングが拡大するプロセスは、

  

  1. 機関投資家向けリート、上場企業などがクラウドファンディングに参入する。
  2. より良質で、規模が大きく、多岐にわたるアセットに投資できるようになる。
  3. 個人投資家が増え、クラウドファンディングの規模が更に拡大していく

 

だと思います。ついでに市場規模の拡大により、税制(雑所得の総合課税)も見直されるといいですね。

 

今後も不動産のプロ中のプロが続々と参入することで、「不動産投資型クラウドファンディング」の認知度が高まり、更なる盛り上がりを見せてくれることを期待しています。

  

★不動産クラファン期待の新星Rimpleは2020年3月スタート★

 

→Rimple(リンプル)公式ページ

 

\東証一部の不動産クラファン!/

Rimple(リンプル)

 

【ピックアップ】

Rimple(リンプル) の特徴と実績は?まとめ・感想【不動産クラウドファンディング】

        


    

【クラウドファンディング業者一覧】

トッティの投資先からお気に入りをピックアップ!

 

OwnersBook

 OwnersBook

【重要】OwnersBookの物件評価がソーシャルレンディングNo.1である3つの理由

 

Rimple(リンプル)

Rimple(リンプル)

Rimple(リンプル) の特徴と実績は?まとめ・感想【不動産クラウドファンディング】

 

CrowdRealty

クラウドリアルティは投資しても大丈夫?まとめ・感想【不動産クラウドファンディング】

 

SYLA FUNDING

SYLA FUNDING

SYLA FUNDING(シーラファンディング)始動!【不動産クラウドファンディング】

 

ジョイントアルファ

Jointoα(ジョイントアルファ)

ジョイントアルファ(Jointo α)本格始動!【東証1部のクラウドファンディング】

 

ASSECLI

ASSECLI(アセクリ)のまとめ・感想【不動産クラウドファンディング】

 

SAMURAI FUND

SAMURAI証券

SAMURAI(サムライ)の特徴と実績は?メリット・デメリット・感想まとめ 

 

クラウドバンク

クラウドバンク 

【もう650億!】クラウドバンクの活躍が驚異的!

  

Funds

Funds

荒波にもまれ変貌を遂げるか?話題独占のFunds(ファンズ)を徹底分析 

 

FANTAS funding

FANTAS funding

【不動産鑑定士が解説】FANTAS funding(ファンタスファンディング)の評判・メリット・デメリットまとめ

 

CREAL

CREAL

【不動産鑑定士が解説】CREAL(クリアル)の評判・メリット・デメリットまとめ

   

SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディング  

SBIソーシャルレンディングから分配金!【景気が減速しても安定した収入源を】

 

Pocket Funding

Pocket Funding

沖縄は不動産市況が絶好調だから...「Pocket Funding(ポケットファンディング)」はどうかな?

 

COOL

COOL

新規ソーシャルレンディング「COOL」始動【プレゼントあり!】

 

※トッティは「本当にいい」と思って紹介させていただきますが、クラウドファンディングは元本を保証する商品ではありません。投資する前は、ご自分でよく調べてみてくださいね。

  


  

【クラウドファンディング投資額集計】 

業者 投資額 累計分配金(税引前)
OwnersBook 2,070,000円 130,864円
SBISL  1,490,000円 193,879円
maneo(109万円期失) 1,890,000円 287,119円
クラウドバンク 920,000円 305,561円
CREAL 1,520,000円 38,486円
FANTAS funding 850,000円 13,194円
SAMURAI FUND 750,000円 4,268円
Funds 203,192円 13,892円
SYLA FUNDING 200,000円 0円
クラウドクレジット 200,000円 16,846円
Pocket Funding 90,000円 3,331円
COOL 0円 111円
LCレンディング(撤退) 0円 18,831円
合計 10,183,192円 1,026,382円

 


  

\クリックありがとうございます!/

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

ブログ村