クラウドファンディング投資研究所

サラリーマンを卒業した不動産鑑定士が、クラウドファンディングに投資してみた

 

トッティ@不動産鑑定士

 

極貧時代

 

兵庫の片田舎で育った、生粋の田舎もの。

 

学生時代は、地味な「理系」でパッとしない人。成績は中の中。

 

高2で「阪神淡路大震災」を経験する。

 

コミュ障なのに、広告代理店の「営業職」で内定をもらってしまい、入社の直前に「やっぱり辞めさせてください!」と泣きながら辞退。

 

「超就職氷河期」に人生をドロップアウトし、あてもなく東京へ。このとき22歳。

 

最初の東京暮らしは目黒。無職。

 

狭いボロアパートで、「質素で寂しい極貧生活」をスタートさせる。

 

迷走時代

 

何を血迷ったのか、現代アートの巨匠に弟子入りしたが、才能が1ミリもなかったので、気づけばホームページ制作担当になっていた。

 

結局、アーティストでは食べていけるはずがなく、挫折。

 

貯金もなくなり、死にかけたので、ゼロから就職活動をして、一般企業へ。このとき23歳。

 

エンジニア時代

 

大学時代はプログラミングを学んだため(決して成績優秀でなかったことは、強調しておきたい)、三大財閥の電機メーカー系に「エンジニア」として就職。

 

「海外向けの大規模な基幹業務システム」を、ゴリゴリ開発する。

 

しかし、当時のエンジニアは超激務。パワハラ上司の下で、精神を病む人や、勤務中に倒れる人も本当にいた。

 

ときには慣れない仕事も任され、毎日、夜遅く暗い部屋に帰ると、本当に寒くて、一人で夕食を食べ、寂しくて不安な日々が続いた。

 

田舎者なので、東京暮らしには馴染めず、友達もできず、さらに激務も重なり、心身ともに消耗していった。

 

「あと何十年もこの生活は続けられない・・・」と、5年間勤務した頃、転職を決意する。このとき28歳。

 

勉強に打ち込んだ時代

 

このころから「投資」や「経済的自由」に興味を持ち始める(今思えば、現実から逃げたかっただけかもしれない)。

 

堅実な現物資産である不動産に惹かれ、貯金500万円を元手に、エンジニアとは全く異業種の国家資格「不動産鑑定士」を目指す。

 

1年半の間、狂ったように勉強に打ち込み、試験に合格、不動産鑑定士となる。貯金は学費と生活費で消えた。このとき31歳。

 

その後、リーマンショック直後の混乱の中、運よく不動産鑑定を行っている「研究機関」に就職(OwnersBook岩野社長らの不動産鑑定士は、同門です)。

 

主に「投資用不動産」の評価を担当する。

 

サラリーマン時代

 

お金のない、不安な生活が続いた20代から30代初期。 

 

そんな中でも少しずつ知り合いが増え、友達ができ、新しい仕事にも少しずつ慣れ、人より数年遅れて、ようやく生活が軌道に乗り始めた頃、転勤先の地方都市で妻と出会い、結婚。

 

2年間にわたる不妊治療の末、最終的に「顕微授精」で子供も授かる。夫婦共に実家は遠く離れているが、新しい「家族」が2人の心の拠り所になる。

 

やっとつかんだ「心の平穏」。このまま一生、サラリーマンでいることも考える。

 

ただ、大手企業に「依存」し続ける人生に疑問が生じ始めた。「この先、ずっとこのままでいいのか?」というモヤモヤが芽生えだした。

 

すでにアラフォー。子供もいる。葛藤はあったが、「自分のやりたいように生きる」ことに決める。

 

不動産の研究機関に10年間勤務の後、退職(ちなみに、会社に退職を告げても、引き留められなかった)。このとき41歳。

 

独立時代

 

2018年8月に不動産鑑定士として独立開業。

 

独立を機に、「不動産の専門知識」で何か発信できないかと考え、この投資ブログを始めた。

 

サラリーマン時代の専門は、「外資、リートなどが持つ大型収益用不動産の評価」で、評価実績は500件以上(延べ数千億円)。

 

独立後は、一般鑑定のほか、地価公示や地価調査、固定資産税評価、相続税路線価の評価員なども担当中。

 

43歳。4歳の息子と1歳の娘の父。

 

このブログは、「自分らしくいられる場所」を探し続けた筆者がつづる、投資や不動産を通じた現在進行形の「成長物語」です。

 

リンク