クラウドファンディング投資研究所

サラリーマンを卒業した不動産鑑定士が、クラウドファンディングに投資してみた

荒波にもまれ変貌を遂げるか?話題独占のFunds(ファンズ)を徹底分析

 f:id:investment-totty:20190119163031j:plain

 

ソーシャルレンディングに逆風が吹き荒れる中、話題を独占しているFunds

 

ソーシャルレンディングメディア「クラウドポート」が運営する新サービスで、今、大注目のサービスです。

 

「この荒波の中で新サービスって...大丈夫か?」

 

と思ってましたが、何がそんなに話題なのか気になります。 

 

「Funds」を直訳すると「資金」。

 

シンプルなネーミングはグットですが、さてさて、Fundsが暗く沈んだソーシャルレンディング業界の新しい顔となれるか...注目です。

 

Funds(ファンズ)公式ページ

 

 

Fundsの特徴

 

Fundsの特徴を整理してみると驚きました。

 

期待利回りが固い

 

まず期待利回りをみて驚愕しました。

 

1.5%~6%年率、税引前)と非常にコンサバな利回りが設定されてます。

 

その理由の一つはリコースローンだから。

 

4~5%のマイルドな利回りには不動産鑑定士としてもしっくりきます。本来、利回りとはかくあるべしですね。

  

f:id:investment-totty:20190119143105j:plain

 

Fundsの貸付スキーム

 

Funds自体はファンドを組成せずに、プラットフォームのみを提供します。

 

ファンドを組成する企業は別途あって、投資家はファンド組成企業の組成したファンドに投資するスキームです。

 

f:id:investment-totty:20190109102301p:plain

 

元本が欠損するのは次のケース。

 

f:id:investment-totty:20190109102912p:plain

 

着目すべきは「資金需要者がデフォルトした場合でも、借り手がファンド組成企業に借入金の返済を行うことができれば、元本は欠損しません」という点です。

 

つまり、借り手企業はファンド組成企業の関係会社(親会社)に限定されているので、

   

ファンド組成企業(親会社も含む)が返済できれば、元本毀損はないよ!

 

ということです(すごい!)。

 

Fundsの安全性

 

親会社は上場企業などだから、それが破綻するリスクは低いよね。

 

Fundsでファンドを組成する企業は、

 

  • 上場企業
  • 監査法人が監査している企業
  • ベンチャーキャピタルなどから出資を受けているスタートアップ

 

 という厳しい規準があります。

 

ちなみに、ファンド組成企業は「アイフル」や「デュアルタップ」といった上場企業。運用期間中に破綻するリスクは限りなく低いですね。

 

f:id:investment-totty:20190109092912p:plain

  

万が一、Fundsが破産したとしても、ファンド組成企業(親会社)が破産しない限り、投資家の資金は守られるよ。

 

1円から投資。Funds側手数料は1%

 

Fundsには少額1円から投資可能。

 

1円の利息って何円?もう突き抜けてますが、投資家側の出金手数料はゼロ。

 

Funds側は1%を貸付先から徴収します。良心的な手数料ですね。

 

f:id:investment-totty:20190109093025p:plain

 

f:id:investment-totty:20190109094742p:plain

 

社内コンプライアンス

 

 「社内に金融の専門家や弁護士が複数在籍、法令遵守の業務運営体制を構築します」

 

幹部に各部門の一流を集め、不動産鑑定士で固めたOwnersBookとは違う路線でコンプライアンスの徹底をはかっています。

 

リコースローンで投資家保護

 

Fundsの貸付ファンドはリコースローン、これは非常に安心です。

 

ノンリコースローンは借り手の責任範囲が担保物件に限定され、それ以上の返済義務を負わない融資で、

 

要するに担保物件に価値がなくても「はいどうぞ」と差し出したら借金がチャラ。それで終わり。

 

貸出先を増やすという意味でノンリコースローンは不動産投資でよく使われますが、貸し手にとってはリスクが大きくなります(その分、貸出金利は高くなりますが)。

  

これに対して、

 

リコースローンは、借り手の全財産が借入金の返済原資

 

となり、貸し手側のリスクが大幅に低くなります。が、その分、貸出金利が低く設定されるので利回りが低くなります。

 

これがFundsの利回りが固い理由の一つです。

  

時代の荒波にもまれ、変貌を遂げるか?

   

f:id:investment-totty:20190119163130j:plain

 

Fundsは2019年1月23日から募集を開始しました。

 

投資家保護を考えたスキームと利回りなので、このような業者が新しく誕生したことはソーシャルレンディング業界には歓迎すべきでしょう。

 

荒波に揉まれながらも突き進み、時代の“新しい顔”となるか。

 

またソーシャルレンディング業界全体が変貌を遂げるきっかけとなるか。

 

その真価が問われます。

 

今、徐々にソーシャルレンディングの投資家も増えつつある中、Fundsは世間の注目を追い風にして、その真価を発揮してくれるでしょう。

 

僕も積極的に投資していく方針です。 

 

 

 

\超新星!上場企業保証!/

Funds

       

※クラウドファンディングは、元本を保証する商品ではありません。”必ずご自分で”納得するまで調べ、リスクを許容した上で、投資してください。