投資の時間

サラリーマンを卒業した不動産鑑定士がクラウドファンディングに投資してみる(予算3000万円)

SAMURAI(サムライ)で投資OK!?その特徴と実績は?


f:id:investment-totty:20190303161712p:plain

 

クラウドバンクと同じく、第一種金融商品取引業の免許を取得している証券会社が運用するソーシャルレンディング「SAMURAI(サムライ)」

 

同じ証券会社が運用するにも関わらず、その知名度や人気度はクラウドバンクに大きく水をあけられています

 

クラウドバンクとサムライの差は何なんだろう?

 

f:id:investment-totty:20190303174348p:plain

  

 

SAMURAIサービス開始の経緯

 

サムライ公式ページよると、これまでは「スマートエクイティ」としてクラウドファンディングサービスを行っていたようです。

 

当社は、2015年5月に「スマートエクイティ」としてクラウドファンディングサービスを開始し、2017年11月にJASDAQ上場のとなったことを機に、同年12月にサイトブランドを「SAMURAI(サムライ)」に変更いたしました。

SAMURAI公式ページより引用

 

このスマートエクイティは相当期間、新規案件の募集を停止しており、その後、SAMURAI&J PARTNERS株式会社(AIP証券)に買収されて当社の100%子会社となりました。

 

この買収を契機に、2017年12月からサービス名を「SAMURAI」に名称変更して新スタートをきり、現在に至ります。

     

親会社の業績は?

 

サムライは証券会社が運用し、JASDAQ上場企業の100%子会社ではあるものの、その親会社SAMURAI&J PARTNERS株式会社の業績は、相当かんばしくありません

 

SAMURAI&J PARTNERSの直近1件間の株価推移は以下のとおり。2018年6月頃に株価暴騰後に大暴落。以降は安定的に下落の一途です。

 

f:id:investment-totty:20190303152630p:plain

SUMURAI&J PARTNERSの直近1年間の株価推移

 

昨今はソーシャルレンディングの不祥事が相次ぎますが、サムライ人気がなかなか上がらない理由は、沈んたソシャレン業界のみならず、親会社の業績低迷にもありそうです。

 

SAMURAIの実績・募集ファンドの種類は?

 

2017年12月の新体制となってからは遅延や元本毀損等は発生していない模様。

 

ただし、実績が1年数カ月しかないため、信頼するには少し実績が足りません。大抵の業者は初期段階は絶対に遅延や元本毀損を出さないよう、十分留意するでしょうから。

 

募集ファンドについては、

 

  • 仮想通貨のマイニングや民泊など、他にはない多様な案件
  • 運用期間は2カ月からあり
  • 募集金額は数千万円の小口案件が多い
  • 1万円から投資が可能

 

というラインナップです。短期運用があるのは初心者にグッドですね。

 

また、特徴的なのは証券会社(第一種金融商品取引業)が運用するため、一般的なソーシャルレンディングでよく見られる匿名組合による「匿名組合型」のほか「社債型」の案件も募集しています。

 

f:id:investment-totty:20190303153215p:plain

 

おぉ、社債型もあるんだ。

 

この社債型は他のソーシャルレンディングにはない商品で、匿名型ではないので投資先企業の詳細が開示されるため、投資家側で企業を精査することができます。

  

社債型や短期案件なら利用価値あり

 

ソーシャルレンディングでは詐欺や不祥事が続くため、個人的に新規業者への投資は控えるつもりでした。

 

maneoで100万円近く期失をくらってるしね!

 

僕はオーナーズブックが一押しなことから分かるように、低利回りでリスクを抑えた投資が好みです。初心者はSAMURAIではなく、オーナーズブックにしときましょう。

 

www.investment3000.com

 

OwnersBookの公式ページへ

 

ただ一方で、投資ブログを運営する手前、身銭を切って新規業者の開拓と、運用報告もしていかねばとも思います。

 

その中で今回、目を付けたのが証券会社が運用するサムライです。

 

f:id:investment-totty:20190303174148p:plain

 

サムライはまだ実績が乏しく、親会社の業績不振という不安材料もありますが、社債型や短期償還型であればうまく利用できるかもしれません。

  

幸いなことに?今のところサムライは人気がなく、募集金額が少ないながらもクリック合戦になりません(業者選びの本質ではありませんが)。

 

SAMURAIで投資するか

 

結論として、全クラウドファンディング投資額の1%未満であれば、実験的に社債型や短期案件に投資してみてもいいかなと思い、サムライで口座開設してみました。

 

ということで、2019年3月4日時点の僕のクラウドファンディングへの投資額が1,300万円超なので、その0.4%に当たる5万円を、各1万円×5ファンドに分散投資してみます。

 

5万円って.....相変わらず保守的っすね!

 

運用結果はまたこのブログで報告したいと思います。

 

ちなみに今、サムライでは新規登録キャンペーン中で、4月30日までに登録完了すると1000円分のQUOカードが貰えます。登録を検討されている方はこの機会に無リスクで1000円ゲットされてはいかがでしょうか?

 

クラウドファンディングサイト「SAMURAI」はこちら。

 f:id:investment-totty:20190227211445p:plain

※当ブログの内容は個人の評価・感想に基づくものであり、商品の詳しい内容はSAMURAIホームページの商品概要・重要事項をご覧下さい

  

クスっとクリックありがと~!

↓ ↓ ↓

f:id:investment-totty:20190303165148p:plain

にほんブログ村ソーシャルレンディング

  


 

クラウドファンディング口座開設リンク

※全て管理人が投資し個人的な期失・元本毀損は発生してません。

OwnersBook

クラウドバンク

SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディング

Funds

Funds

 CREAL

CREAL

FANTAS funding

FANTAS funding

 


 

クラウドファンディング投資額まとめ

 

業者 投資額
SBISL 3,350,000円
OwnersBook 3,250,000円
maneo 2,690,000円
クラウドバンク 2,420,000円
CREAL 500,000円
LCレンディング 300,000円
Funds 300,000円
FANTAS funding 200,000円
クラウドクレジット 200,000円
合計 13,210,000円