クラウドファンディング投資研究所

サラリーマンを卒業した不動産鑑定士が、クラウドファンディングに投資してみた(予算3000万円)

【鉄の意志】CREALが大型ファンド専門に舵を切る

f:id:investment-totty:20200713083326j:plain

 

おはようございます!クリアラーのトッティです。

 

不動産クラウドファンディングの中で、僕たち投資家をもっとも楽しませてくれるのは・・・そう、CREAL「大型ファンド」ですよね。

 

そんなエンターテナーCREALも、リリース当初は、「小口の単身者向け区分マンション」が中心でした。

 

小口ファンドで、クリック合戦に勤しんでいた時代を知ってるあなたは、生粋のクリアラー!

 

ただ、最近のCREALでは、「数億円規模の大型ファンドが増えてるな~」と思ってましたが、ついにCREALから、正式にこのようなメッセージが公表されました。

 

募集頻度は月1件、募集額は数億円を目安にしています。(現在、前回募集から 12日経過)

募集開始はメール、 Facebook、 Twitter にてお知らせします。

(出典)CREAL公式ページ

 

「月に1回、数億円のファンド(大型ファンド)を目安に募集します」と。

 

つまり、「今後は”本腰を入れて”大型ファンド専門で行きますよ!」ということですよね?

 

【最近のCREALの募集ファンド】

f:id:investment-totty:20200713083724j:plain

 

ある意味、都内の区分マンションを募集していた方が、「業者としては楽」だったと思います。

 

住宅はコロナの影響が少ないアセットですし、最低限、災害にあいにくい高台など、安心安全を基本にしていればいいので。

 

例えば都心のブランド立地に建つ高級マンションなどは、人口減少や高齢化は関係なく、価格が下がりませんし(アジア経済の大金持ちの投資マネーも流入するため)。

 

つまり、不動産クラファン業者は、ブランド住宅地のマンションを仕入れて、クラファンで募集しておけば高位安定です。楽だし。

 

でも、CREALは安定を捨てた。

 

例えば先日、CREALで募集した「両国駅前ビル(小規模オフィスビル)」に関していうと、今都内は新築大型オフィスビルの大量供給もあって、めちゃくちゃ厳しい世界ですよ。

 

★★★

 

不動産クラファンの「住宅」部門には、Rimpleジョイントアルファなど、東証一部の強力なライバルがいるレッドオーシャンです。

 

CREALは不動産クラファンのファーストペンギンですが、さらなる多様性を求めて、ブルーオーシャンに飛び込んだ(だから僕はCREALが好き)。

 

投資マネーの都心不動産投資ビジネスは、今後しばらくは続きますが、不動産クラファン「CREAL」、今も昔も要注目です。
 

→CREAL公式ページ

 

 \他にはない大型ファンドが魅力!/

CREAL

 

【で、CREALって何だっけ?】

【不動産鑑定士が解説】CREAL(クリアル)の評判・メリット・デメリットまとめ 

  


    

【クラウドファンディング業者一覧】

トッティの投資先からお気に入りをピックアップ!

 

CRE Funding

CRE Funding

CRE Funding(シーアールイーファンディング)登場!ついにソーシャルレンディングで物流投資が可能に!

 

Rimple(リンプル)

Rimple(リンプル)

Rimple(リンプル) の特徴と実績は?まとめ・感想【不動産クラウドファンディング】

    

Funds

Funds

あらためてFundsの人気ぶりを紐解いてみた

 

クラウドバンク

クラウドバンク 

【もう650億!】クラウドバンクの活躍が驚異的!

   

CREAL

CREAL

CREAL(クリアル)の評判・メリット・デメリットを不動産鑑定士が解説

 

SAMURAI FUND

SAMURAI証券

SAMURAI FUNDの特徴と実績は?メリット・デメリット・感想まとめ

   

SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディング  

【SBISL】ソシャレンキングの「あのファンド」に人類は行き着く

 

ジョイントアルファ

Jointoα(ジョイントアルファ)

ジョイントアルファ(Jointo α)本格始動!【東証1部のクラウドファンディング】

 

SYLA FUNDING

SYLA FUNDING

SYLA FUNDING(シーラファンディング)始動!【不動産クラウドファンディング】

 

FANTAS funding

FANTAS funding

FANTAS funding(ファンタスファンディング)の評判・メリット・デメリットを不動産鑑定士が解説

       

A funding

 

A funding(エー・ファンディング)登場!情報量が強みの不動産投資型クラウドファンディング

 

ASSECLI

ASSECLI(アセクリ)のまとめ・感想【不動産クラウドファンディング】

  

※クラウドファンディングは、元本を保証する商品ではありません。”必ずご自分で”納得するまで調べ、リスクを許容した上で、投資してくださいね。

   


  

【クラウドファンディング投資額集計】 

業者 投資額 累計分配金(税引前)
Rimple 200,000円 0円
クラウドバンク 675,000円 315,313円
creal 1,120,000円 60,352円
Funds 900,000円 15,403円
SAMURAI FUND 650,000円 19,853円
CRE Funding 100,000円 287円
SBISL 1,620,000円 229,513円
FANTAS funding 1,450,000円 18,938円
SYLA FUNDING 150,000円 2,130円
OwnersBook 1,500,000円 154,877円
Pocket Funding 142,000円 5,393円
Jointoα 100,000円 0円
CAMPFIRE Owners 200,000円 0円
クラウドクレジット  100,000円 29,048円
ASSECLI 30,000円 0円
COOL 0円 111円
maneo(109万円期失) 1,890,000円 309,044円
LCレンディング 0円 18,831円
合計 10,827,000円 1,179,093円