投資の時間

サラリーマンを卒業した不動産鑑定士がクラウドファンディングに投資してみる(予算3000万円)

【庶民歓喜】オーナーズブック分配金で初の大台達成!

f:id:investment-totty:20190723111238j:plain

 

こんにちわ、トッティです。

 

庶民のトッティが楽しみにしているもの、それはオーナーズブックからの分配金です。

 

今月は、オーナーズブックでは初の月間3万円超え(税引前)を達成しました!パチパチ。

 

f:id:investment-totty:20190723102356j:plain

 

どうでもええわ!

 

オーナーズブックの分配は3カ月に一度なので、ドカッと振り込まれるのがうれしいんですよね。

 

→OwnersBook公式ページ

 

OwnersBook

 

 

オーナーズブック分配金の推移

 

オーナーズブックには2018年9月から投資を始めて、初分配があったのが2019年1月です。

 

2019年の分配金の推移はこちら。

 

f:id:investment-totty:20190723102114p:plain

 

  • 総投資額:285万円
  • 累計分配金:71,554円(税引前)

 

ソーシャルレンディング、不動産クラウドファンディングの中で、個人的に今もっとも多く投資しているのがオーナーズブックになりました。

 

※これまで1位だったSBISLは、大きな元本償還があったので2位に。

 

庶民にとっては、この7万円の「不労所得」がとてつもなく大きいのです。なぜなら家族で焼肉に10回以上行けるから。

 

オーナーズブックの分配は四半期に一度

 

オーナーズブックの特徴の一つに、「分配は四半期に一度」という点があります。

 

その他の多くのソーシャルレンディングが採用している「毎月分配」と比べ、四半期に一度の方が、

 

  • 事務職の人件費
  • 振込手数料

 

などのコストが削減できるという点がメリットですね。

 

削減したコストは、間接的に企業と投資家に還元されるでしょうし。

 

分配方法には「運用終了時の一括分配」もありますが、個人的には四半期に一度くらいがちょうどいいと思います。

 

オーナーズブックの現状

 

さて、そんなオーナーズブックですが、最近はいいニュースと悪いニュースがありました。

 

いいニュース

 

まずはいいニュースとして、業績好調なロードスターキャピタル(管理会社)と、米国のクラウドファンディング業者「Fundrise」が業務提携しました。

 

世界の不動産に投資できるようになるのかな。ぜひ実現させて欲しいね。

 

【OwnersBook世界進出】ロードスターキャピタルとFundriseが業務提携!

  

また、匿名化解除後の情報公開については、オーナーズブックでも「貸付先」と「担保」を公表するファンドも増えてきましたね。

 

悪いニュース

 

続いて悪いニュース。

 

オーナーズブックは、言わずと知れたソーシャルレンディングの中でもトップレベルに信頼性の高いサービスですが、今、初の問題(保証人の破産)が発生しています。

 

さあ!OwnersBookの実力を見せてくれ!【江東区ファンド貸付先破産の進捗】

 

あまり心配してませんが、迅速な回収で、更に投資家からの評価を上げて欲しいですね。

 

また、オーナーズブックはクリック合戦になるほどの人気業者。

 

その対策として、小規模ファンドでは募集開始時間を公表しないという「暫定的な」対策がなされています。

 

これについては、現在、運営側も対応されてるとは思いますが、早期にサーバ増強を図ってもらいたいと思います。

  

う~ん。悪いニュースと言っても、別にソーシャルレンディングでは珍しくない事だよね。

 

逆に言うと、このくらいしか悪いニュースがない業者なんだね。

 

ということで、今後もメインの投資先として、オーナーズブックへの投資を続けていきたいと思います。

 

→OwnersBook公式ページ

 

★「COOL」キャンペーン中!★ 

\Amazonギフト券1000円分プレゼント!/

COOL  

→「COOL」に登録してAmazonギフト券をもらう

 

★COOL新規登録キャンペーン 

★期間:2019年7月16日~7月31日

★特典:Amazonギフト券1,000円分

★適用状況:キャンペーン期間中に口座開設が完了(注)申請リミットは7/28!

COOLにはこちらから口座開設できます

★記事:新規ソーシャルレンディング「COOL」始動【プレゼントあり!】

  


  

【クラウドファンディング業者一覧】

トッティの投資先からおすすめをピックアップ!

 

Funds

Funds

荒波にもまれ変貌を遂げるか?話題独占のFunds(ファンズ)を徹底分析 

 

FANTAS funding

FANTAS funding

【不動産鑑定士が解説】FANTAS funding(ファンタスファンディング)の評判・メリット・デメリットまとめ

 

CREAL

CREAL

【不動産鑑定士が解説】CREAL(クリアル)の評判・メリット・デメリットまとめ

 

SAMURAI

f:id:investment-totty:20190227211445p:plain

SAMURAI(サムライ)の特徴と実績は?メリット・デメリット・感想まとめ 

 

OwnersBook

 OwnersBook

【重要】OwnersBookの物件評価がソーシャルレンディングNo.1である3つの理由

 

クラウドバンク

クラウドバンク 

【ソーシャルレンディングの実名化の流れは止められない】クラウドバンク実名化対応

 

SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディング  

待望のSBISLも来た!匿名化解除後の方針を公表

 

ポケットファンディング

沖縄は不動産市況が絶好調だから...「Pocket Funding(ポケットファンディング)」はどうかな?

    


  

\クリックありがとうございます!/

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

ブログ村

 


  

【クラウドファンディング投資額集計】 

業者 投資額 累計分配金
SBISL 2,640,000円 114,371円
OwnersBook 2,850,000円 71,554円
maneo(109万円期失) 1,910,000円 255,735円
クラウドバンク 1,480,000円 255,738円
CREAL 1,050,000円 13,158円
Funds  500,000円 2,421円
SAMURAI 450,000円 1,000円
FANTAS funding 450,000円  0円
LCレンディング 300,000円 12,670円
クラウドクレジット 200,000円 16,846円
Pocket Funding 30,000円 0円
COOL 30,000円 0円
合計 11,890,000円 743,493円