投資の時間

サラリーマンを卒業した不動産鑑定士がクラウドファンディングに投資してみる(予算3000万円)

待望のSBISLも来た!匿名化解除後の方針を公表


f:id:investment-totty:20190516164554j:plain

 

ついにSBIソーシャルレンディングも来ましたね!

 

2019年3月の金融庁によるソーシャルレンディングの貸付先匿名化廃止を受け、 Funds SAMURAIクラウドバンクに続き、SBISLからも情報開示方針が公表されました。

 

大手老舗のSBISLも匿名化廃止に動いたことで、上記3業者以降、やや停滞感のあったソーシャルレンディング業界の流れは、再度情報開示の方向に傾きました。

 

疑心暗鬼になりかけてた投資家にも朗報ですね!

 

\情報開示のSBISLで投資を始める/

SBIソーシャルレンディング

 

  

SBISLからの公表分(一部抜粋)

 

SBISLの公表文の一部を抜粋します。

 

ソーシャルレンディングにおける借手開示対応の開始について

 

ソーシャルレンディングサービスを提供するSBIソーシャルレンディング株式会社は、2019年5月17日以降に募集するファンドから、借手の商号等に関する情報の開示対応を、順次開始することといたしましたのでお知らせいたします。

 

~中略~

 

今般、一定の要件の下ではあるものの、この方針が転換されたことは、当社があるべき姿であると考えるソーシャルレンディングの実現に向けて大きな変化であると同時に、借手にとっても大きな変化であり、商号等の情報が開示されることの意義やメリットについて借手に改めて理解を求め、借手を開示したファンドの組成を順次進めてまいりたいと考えております。併せて、「SBIソーシャルレンディングの顧客中心主義に基づく業務運営方針 」のうち、借手の情報を開示できないことを前提としていた方針4についても改正するとともに、引き続き重要な情報の分かりやすい提供により一層努めてまいります。

 

出典:SBISLホームページ

ソーシャルレンディングにおける借手開示対応の開始について | SBIソーシャルレンディング|貸付型クラウドファンディング

 

ソーシャルレンディングは実名化の流れに乗った

 

もはやソーシャルレンディングは、完全に実名化の流れに乗ったといえるのではないでしょうか。

 

大手SBISLが動いたことをきっかけに、現物不動産への投資ができる匿名化とは無縁のCREALFANTAS fundingに押されていたソーシャルレンディングの巻き返しが期待されます。

 

貸付先情報を公開することによるデメリット(利回り低下、貸付先の減少懸念)もあるわけですが、やや時間を要したものの、SBISLは匿名化を利用した詐欺や不正に対する今の世論を重視した、ということでしょう。

 

急がば回れ、まずは他業者の動向と投資家の意見を、SBISLはじっくり観察していたのかもしれませんね。

 

SBISLの掲げる「顧客中心主義」に基づき、「借手」と「投資家」の双方に対して平等に配慮してくれました。

 

ソーシャルレンディング業者よ!先手を打て!

 

実名化は、先に動いた業者が投資家を味方につけ、有利な立場になる傾向にあります。先手を取ったSAMURAIのように。「先んずれば人を制す」とはこのことです。

 

逆にいうと、情報開示に遅れた業者は投資家に見放されるでしょうね。

 

このままドンドン情報開示へと踏み切る業者が増えると予想。OwnersBookにも期待です。

 

貸付先が見えない業者には投資をしない堅実派の投資家にとっては、いい流れですね。

 

\信頼のSBISLで投資を始める/

SBIソーシャルレンディング

 

関連記事

【まだソーシャルレンディング大手は動かないの?】SAMURAIの現状・匿名化解除・方針

【ソーシャルレンディングの実名化の流れは止められない】クラウドバンク実名化対間

   


  

【クラウドファンディング業者一覧】

情報公開し投資家保護を優先した業者をピックアップ!

 

SAMURAI

f:id:investment-totty:20190227211445p:plain

SAMURAI(サムライ)の特徴と実績は?メリット・デメリット・感想まとめ 

 

CREAL

CREAL

【不動産鑑定士が解説】CREAL(クリアル)の評判・メリット・デメリットまとめ

 

FANTAS funding

FANTAS funding

【不動産鑑定士が解説】FANTAS funding(ファンタスファンディング)の評判・メリット・デメリットまとめ

 

Funds

Funds

荒波にもまれ変貌を遂げるか?話題独占のFunds(ファンズ)を徹底分析 

 

クラウドバンク

 【ソーシャルレンディングの実名化の流れは止められない】クラウドバンク実名化対応

    


  

【クラウドファンディング投資額集計】 

業者 投資額 累計分配金
SBISL 3,500,000円 87,754円
オーナーズブック 3,450,000円 36,926円
maneo(109万円期失) 2,080,000円 245,574円
クラウドバンク 1,760,000円 241,712円
CREAL 1,000,000円 8,505円
LCレンディング 300,000円 9,588円
Funds 300,000円 0円
FANTAS funding 300,000円 0円
クラウドクレジット 200,000円 16,846円
SAMURAI 200,000円 0円
合計 13,090,000円 646,905円

 


  

\クリックありがとうございます!/

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

ブログ村