投資の時間

サラリーマンを卒業した不動産鑑定士がクラウドファンディングに投資してみる(予算3000万円)

【ソーシャルレンディングの実名化の流れは止められない】クラウドバンク実名化対応


f:id:investment-totty:20190420003321j:plain

 

ついにクラウドバンクが来ましたね!

 

 

クラウドバンクは実名化に少し控え目な印象だった

 

2019年3月18日のソーシャルレンディングの匿名化解除に伴い、最初に行動したのがSAMURAIでした。

 

翌3月19日にはクラウドバンクからも融資先の情報開示について公表があったものの、クラウドバンクでは、

 

「貸付先の同意が得られたら情報開示するよ」

 

というもので、当面は開示されるファンドと開示されないファンドが混在するとのことでした。

 

「匿名解除した案件のみ募集します!」

 

とした、同じく証券会社が運用するSAMURAIのインパクトが大きかったので、クラウドバンクは少し控え目な印象でした。

 

ただ、クラウドバンクの情報開示内容は....徹底してました。

 

クラウドバンクの情報開示内容はすばらしかった

 

貸付先情報は「会員限定情報」として、ブログなどで引用することが禁止されてるので、詳細はブログでご説明できません。

 

おおまかにお伝えすると、財務内容、担保物件情報、担保評価額など、正直なところ、クラウドバンクは期待以上の情報を開示してくれました。

 

さすがはクラウドバンクですね。これは投資したくもなります。

 

クラウドバンクは回収率100%、貸倒れ率0%

 

f:id:investment-totty:20190419235314j:plain

 

クラウドバンクは厳しい第1種金融商品取引業の財務基準をクリアした証券会社が運用するソーシャルレンディングで、2013年12月にサービス開始以降、回収率100%で貸倒れがありません。

 

これだけの実績がありながら、6カ月未満の短期案件もあり、クリック合戦にもならないソーシャルレンディング業者はクラウドバンクしかありません。

 

CREALFANTAS fundingなどの不動産投資型クラウドファンディングに押されているソーシャルレンディングの中にあって、クラウドバンクは、とても貴重な業者といえると思います。

 

クラウドバンクの資産運用額

 

2018年は大波乱が続いたソーシャルレンディングですが、クラウドバンクは安定したパフォーマンスを見せてくれました。

 

まだmaneoで波乱が続いてるけど....

 

個人的に、2017年9月からクラウドバンクで投資を初めて1年8カ月たちましたが、現時点の投資元本は約200万円、収益は累計で約24万円(税引前)になりました。

 

もちろん、運用期間中に元本毀損、期失などはありません。

 

貸付先の情報がわかると安心感が全然違う

 

匿名化解除では、やや消極的な対応にとどまっていたクラウドバンク。

 

正直「クラウドバンクは微妙な対応だな....」と思っていました。

 

が!

 

ここまでクリアに情報開示してくれるのであれば、もう言うことはありません。

 

今さらながら、貸付先情報がわかると、投資していても安心感が全く違います。

 

ソーシャルレンディングの実名化の流れは止められない

 

今は完全にソーシャルレンディングは実名化の流れにありますよね。

 

貸付先がわかるファンドと貸付先が不明なファンド、同じ利回りで選ぶなら...答えは明白だと思いますが....

 

これで何も動かない業者の意図は...ちょっとわかりません。

 

実名化には同じ証券会社のSAMURAIに、少し出遅れた感のあったクラウドバンクですが、大手老舗として名誉挽回したのではないでしょうか。

 

クラウドバンクは貴重な投資先として、今後も活用していきたいと思います。

  

→クラウドバンク公式ページ

 

クラウドバンク

  

人気記事

 【不動産鑑定士が解説】CREAL(クリアル)の評判・メリット・デメリットまとめ - 投資の時間

SAMURAI(サムライ)の特徴と実績は?メリット・デメリット・感想まとめ - 投資の時間

   


  

【クラウドファンディング業者ピックアップ】

全て貸付先・不動産が見える業者でデフォルトは発生していません。 

SAMURAI

f:id:investment-totty:20190227211445p:plain

 SAMURAI(サムライ)の特徴と実績は?メリット・デメリット・感想まとめ - 投資の時間

CREAL

CREAL

 【不動産鑑定士が解説】CREAL(クリアル)の評判・メリット・デメリットまとめ - 投資の時間

FANTAS funding

FANTAS funding

 【不動産鑑定士が解説】FANTAS funding(ファンタスファンディング)の評判・メリット・デメリットまとめ - 投資の時間

Funds

Funds

荒波にもまれ変貌を遂げるか?話題独占のFunds(ファンズ)を徹底分析 - 投資の時間

クラウドバンク

【ソーシャルレンディングの実名化の流れは止められない】クラウドバンク実名化対応 - 投資の時間

    


  

クラウドファンディング投資額集計

業者 投資額 累計分配金
SBISL 3,500,000円 66,593円
オーナーズブック 3,450,000円 36,926円
マネオ(109万円期失) 2,080,000円 241,137円
クラウドバンク 2,020,000円 237,327円
CREAL 1,000,000円 8,505円
LCレンディング 300,000円 8,484円
Funds 300,000円 0円
FANTAS funding 300,000円 0円
クラウドクレジット 200,000円 16,846円
SAMURAI 50,000円 0円
合計 13,200,000円 615,818円

    


 

\クリックありがとうございます!/

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

ブログ村