投資の時間

サラリーマンを卒業した不動産鑑定士がクラウドファンディングに投資してみる(予算3000万円)

【重要】OwnersBookの物件評価がソーシャルレンディングNo.1である3つの理由

f:id:investment-totty:20190512093713j:plain


こんにちわ、トッティです。

 

突然ですが、ソーシャルレンディングや不動産投資型クラウドファンディングで、重要なポイントは何だと思いますか?

 

「ソーシャルレンディングでは担保物件、不動産投資型クラウドファンディングでは投資物件の評価がもっとも重要です」

 

たぶん多くの方が異論ないですよね。

 

では、全てのソーシャルレンディング、不動産投資型クラウドファンディング業者の中で、物件評価力がもっとも高い業者はどこでしょうか?

 

答えは、

 

「OwnersBookの物件評価力がNo.1です。しかも”圧倒的に”」

 

OwnersBook公式ページ

 

\上場企業の不動産鑑定士集団/

 

 

OwnersBookの物件評価力がNo.1である理由

 

OwnersBookの物件評価力がNo.1である理由はこちら、ドドン!

 

  • 理由①:OwnersBookは不動産鑑定士集団
  • 理由②:OwnersBookの不動産鑑定士は超優秀
  • 理由③:結局のところ担保物件の評価が重要

 

それぞれ、個別に見ていきますね。

 

理由①:OwnersBookは不動産鑑定士集団

 

OwnersBookを運営するロードスター・キャピタルは、岩野社長、森田副社長をはじめとした不動産鑑定士集団です。

 

その他の取締役や一般社員にも多数の不動産鑑定士が在席していて、投資用不動産の運用や鑑定評価の経験が豊富だと思われます。

 

彼らは投資物件の評価・運用のエキスパートで、自社で物件を評価できるのはもちろんのこと、外部に評価を委託したとしても、その評価内容を自社で適切かどうか審査することができるでしょう。

 

自社で物件評価や審査ができるソーシャルレンディング、不動産クラウドファンディング業者は、OwnersBookのほかにありません。

 

その他の業者は外部に鑑定評価を委託したとしても、内容を審査できるのか?という点が不安...

 

理由②:OwnersBookの不動産鑑定士は超優秀

 

岩野社長、森田副社長をはじめ、そのほかの取締役や一般社員の不動産鑑定士は、おそらく”全員”日本一の不動産鑑定機関で実績を積んでいます。

 

実績のある鑑定機関には、日本全国から優秀な不動産鑑定士が集まりますので、国内のどの鑑定機関よりも実力・実績はズバ抜けています。

 

なぜわかるのかというと、僕も彼らと同じ鑑定機関出身で、同じく延べ数千億円の投資物件の鑑定評価をしてきた経験があるからです。

 

残念ながらトッティはダメ社員でしたが。テヘペロ。

 

もっと具体的にいうと、その鑑定機関内で、僕なんかよりはるかに優秀な実務家だった同い年の同僚が、上場前のロードスターキャピタルに転職してます。

 

トッティは偉そうなことをいえる人間ではありませんが、”人”と”実力”を知っているので、OwnersBookの能力の高さは、自信をもってます。

  

OwnersBook公式ページ

 

理由③:結局のところ担保物件の評価が重要

 

担保評価力では、OwnersBookがソーシャルレンディング、不動産クラウドファンディング業者の中で、頭1つか2つ抜けているのは間違いないところです。

 

ただ、CREALの運営会社ブリッジ・シー・キャピタルの横田社長は不動産鑑定士ではないものの、リートを立ち上げや投資用不動産の運用経験は豊富ですね。

 

別の観点のプロフェッショナルですが、今回は物件評価、担保評価にスポットを当ててるので置いておきますね。

 

きっとソシャレン最大手であるSBISLが担保物件の評価内容を公表したとしても、情報の多くを公表しない(できない)でしょう。

 

だって自社で適切な物件評価や審査ができないんですから。

 

SBISLでも担保評価割れしたことあるし.....

 

【関連記事】

SBISL期失から学ぶ担保評価が変動する3つの理由とスキームの改善点

 

OwnersBook以外のソーシャルレンディングは、担保評価ではなく、連帯保証、リコースローンなどで戦うことになりますね。

 

OwnersBookにはこちらから口座開設できます

 

OwnersBookへの反論も理解できる

 

デフォルトとは無縁のOwnersBookにも、弱点があります。

 

それは「クリック合戦になるとサーバが固まることがある」こと。確かにこれは由々しき問題でしたね。

 

ただ、この点については「抽選式」「申し込み金額の上限」を設けることで対応されました。 


それに、ソーシャルレンディングで重要なのは「サーバが弱くても元本が毀損しない担保評価ができること」ではないでしょうか。


いい加減な担保評価では全く意味がありません。

 

OwnersBookの物件評価力が「圧倒的に」No.1

 

繰り返しますが、OwnersBookの物件評価力は圧倒的にNo.1です。

 

OwnersBookの潜在能力は高く、その実力に気付いた投資家が殺到するようになり、大人気のサービスになってます。

 

各業者も含め、みんな「OwnersBookが一番すごい!」と思ってるのかもしれません。

 

→OwnersBookにはこちらから口座開設できます

 

 \安心の不動産鑑定士集団!/

 

【関連記事】 

僕がオーナーズブック押しのポジションをとる理由

【案件分析】OwnersBookの担保評価の正確さを検証してみた

     


   

【クラウドファンディング業者一覧】

トッティの投資先からおすすめをピックアップ!

 

ジョイントアルファ

Jointoα(ジョイントアルファ)

ジョイントアルファ(Jointo α)本格始動!【東証1部のクラウドファンディング】

 

SAMURAI

SAMURAI証券

SAMURAI(サムライ)の特徴と実績は?メリット・デメリット・感想まとめ 

 

クラウドバンク

クラウドバンク 

【早っ!もう637億円】クラウドバンクの成長が加速中!

  

Funds

Funds

荒波にもまれ変貌を遂げるか?話題独占のFunds(ファンズ)を徹底分析 

 

FANTAS funding

FANTAS funding

【不動産鑑定士が解説】FANTAS funding(ファンタスファンディング)の評判・メリット・デメリットまとめ

 

CREAL

バナー原稿imp

【不動産鑑定士が解説】CREAL(クリアル)の評判・メリット・デメリットまとめ

 

OwnersBook

 OwnersBook

【重要】OwnersBookの物件評価がソーシャルレンディングNo.1である3つの理由

 

SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディング  

SBIソーシャルレンディングから分配金!【景気が減速しても安定した収入源を】

 

Pocket Funding

Pocket Funding

沖縄は不動産市況が絶好調だから...「Pocket Funding(ポケットファンディング)」はどうかな?

 

COOL

COOL

新規ソーシャルレンディング「COOL」始動【プレゼントあり!】

 

※トッティは「本当にいい」と思って紹介させていただきますが、クラウドファンディングは元本を保証する商品ではありません。投資する前は、ご自分でよく調べてみてくださいね。

 


  

【クラウドファンディング投資額集計】 

業者 投資額 累計分配金(税引前)
SBISL 2,300,000円 150,151円
OwnersBook 2,400,000円 103,726円
maneo(109万円期失) 1,890,000円 269,227円
クラウドバンク 1,230,000円 274,899円
CREAL 1,310,000円 21,791円
Funds  500,000円 5,392円
SAMURAI 550,000円 3,500円
FANTAS funding 750,000円 8,656円
LCレンディング 250,000円 17,397円
クラウドクレジット 200,000円 16,846円
Pocket Funding 100,000円 364円
COOL 30,000円 111円
合計 11,510,000円 872,063円

 


  

\クリックありがとうございます!/

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

ブログ村