投資の時間

サラリーマンを卒業した不動産鑑定士がクラウドファンディングに投資してみる(予算3000万円)

【鉄板中の鉄板!】OwnersBookで8億円が15時間足らずで完売!

f:id:investment-totty:20191113092634j:plain

 

OwnersBookの「南青山商業ビル素地」ファンド。8億円と大型だったにも関わらず、募集がスタートして15時間足らずで完売しましたね!

 

今回のファンドは「都心3区」の商業ビル素地!これぞ王道!

  

都心3区といえば、リーマンショック時でさえ「都心3区"以外”は投融資できない」という風に、投資家や金融機関に絶大な信頼があります。

 

「東京集中→郊外へ→東京集中」と不動産需要の歴史は繰り返しているわけですが、極端に需要が高い都心3区は、いつの時代も安泰でした。

 

僕の主観ですが、「不動産のプロ集団のOwnersBookで都心3区=鉄板案件」と言い切っても大丈夫かも...

 

→OwnersBookで投資物件を見てみる

 

 

8億円が15時間足らずで完売!

 

f:id:investment-totty:20191113091823j:plain

 

11月12日18時に募集がスタートし、11月13日9時前に完売してましたね。

 

個人的には、あと1カ月で現金1500万円を用意しないといけなくて、今は資金繰りに死にかけてるので、今回は投資を見送りました。

 

【関連記事】

【現金1500万円を準備できるか?】クラウドファンディングに投資してる場合じゃなかったw

 

ただ、普段なら間違いなく投資をしてた魅力的なファンドでした。

 

昨日のSBISLのように、開発前の素地(解体予定の建物含む)という点で同じような類型ですね。SBISLは謎の二重価格になってましたが(笑)

 

さすがオーナーズブック、竣工前でもキチンと担保価値を評価してくれてます。

 

★★★

 

いやー。米国私募リート(エクイティ型)は約5億円で完売しなかったものの、今回は募集8億円と大きかったですが、問題なかったですね。

 

クリック合戦にもならなかったので、みなさん投資しやすかったのではないでしょうか。

 

健全な運営を続けるOwnersBookと、投資先としての不動産人気も相まって、相対的なOwnersBook需要は高まっていると感じてます

 

今後もますます成長していきそうですね。

 

→OwnersBook公式ページへ

 

OwnersBookの累積投資実行額は139億円

 

f:id:investment-totty:20191113093546j:plain

 

OwnersBookの累積投資実行額は約139億円(2019年11月13日時点)。

 

2019年6月10日時点で115億円だったので、約5カ月で24億円を調達したことになります。

 

例えばJリートでは、資産規模3,000億円が一つの目安になっていて、3,000億円にいたるまでは、実績をつくるため積極的に物件を購入するプレイヤーが多くなります。

 

それが何を意味するのかというと「実績がないと、ムリな価格での物件を買ってしまう」こともあること。

 

極端に低い利回り(=高い物件価格)が散見される理由の一つにもなってます。

 

リートとソーシャルレンディングでは資産規模が異なるものの、OwnersBookは既に139億円まで安定的に累積投資額を増やしています。

 

ソーシャルレンディングの目安を100億円だとすれば、OwnersBookはムリな案件を組成する必要はないと思われます。OwnersBookの視点は海外にも向いてますしね。

 

100憶って、肌感覚ですけどね!業者選びの判断要素にはなると思います。

 

リートと同じく、ソーシャルレンディングでも例外こそあれ、実績に比例して業者として成熟度が増し、信頼性が高まる一因になる、というお話でした。

 

→OwnersBook公式ページへ

 

OwnersBook

   


   

【クラウドファンディング業者一覧】

トッティの投資先からおすすめをピックアップ!

 

ジョイントアルファ

Jointoα(ジョイントアルファ)

ジョイントアルファ(Jointo α)本格始動!【東証1部のクラウドファンディング】

 

SAMURAI

SAMURAI証券

SAMURAI(サムライ)の特徴と実績は?メリット・デメリット・感想まとめ 

 

クラウドバンク

クラウドバンク 

【もう650億!】クラウドバンクの活躍が驚異的!

  

Funds

Funds

荒波にもまれ変貌を遂げるか?話題独占のFunds(ファンズ)を徹底分析 

 

FANTAS funding

FANTAS funding

【不動産鑑定士が解説】FANTAS funding(ファンタスファンディング)の評判・メリット・デメリットまとめ

 

CREAL

バナー原稿imp

【不動産鑑定士が解説】CREAL(クリアル)の評判・メリット・デメリットまとめ

 

OwnersBook

 OwnersBook

【重要】OwnersBookの物件評価がソーシャルレンディングNo.1である3つの理由

 

SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディング  

SBIソーシャルレンディングから分配金!【景気が減速しても安定した収入源を】

 

Pocket Funding

Pocket Funding

沖縄は不動産市況が絶好調だから...「Pocket Funding(ポケットファンディング)」はどうかな?

 

COOL

COOL

新規ソーシャルレンディング「COOL」始動【プレゼントあり!】

 

※トッティは「本当にいい」と思って紹介させていただきますが、クラウドファンディングは元本を保証する商品ではありません。投資する前は、ご自分でよく調べてみてくださいね。

 


  

【クラウドファンディング投資額集計】 

業者 投資額 累計分配金(税引前)
SBISL 2,300,000円 150,151円
OwnersBook 2,400,000円 103,726円
maneo(109万円期失) 1,890,000円 269,227円
クラウドバンク 1,230,000円 279,121円
CREAL 1,210,000円 26,023円
Funds  503,192円 6,427円
SAMURAI 600,000円 3,500円
FANTAS funding 750,000円 8,656円
LCレンディング 50,000円 18,708円
クラウドクレジット 200,000円 16,846円
Pocket Funding 150,000円 817円
COOL 30,000円 111円
合計 11,313,192円 892,018円

 


  

\クリックありがとうございます!/

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

ブログ村