投資の時間

サラリーマンを卒業した不動産鑑定士がクラウドファンディングに投資してみる(予算3000万円)

FANTAS funding(ファンタスファンディング)のクリック祭り!

f:id:investment-totty:20190625085334j:plain

 

こんにちわ、トッティです。

 

修行の成果を発揮する日がやってきました。

 

本日は18時からFANTAS fundingのクリック祭りが開催されます!

 

今回はインカム型「3件」とFANTAS fundingにしてはファンドが少なめですが、クリック合戦になる人気業者で、複数ファンドを同時に募集してくれるのはFANTAS fundingだけ

 

運営するファンタス・テクノロジーの配慮には好印象です。

 

→FANTAS funding公式ページ

 

  

案件分析の結果

 

ファンド分析をしてみた結果、リスクを抑えたインカム型のうち、立地条件がよくて、総額が大きい(クリック合戦を少しでも回避)、

 

「FANTAS check (中古不動産流通) PJ 第29号」

 

への投資にチャレンジします(募集ファンドの詳細は記事の最後につけてます)。

 

こちらの記事(↓)でも分析したとおり、当初はスタートダッシュのプロモーション目的の高利回りでしたが、今回から本来の物件価値を示す利回りになりました。

 

【FANTAS funding】やった!インカム型3ファンド募集!

 

堅実派の投資家にとって、適正な水準の利回りは大歓迎です!

 

マンション投資で利回り4%あれば十分

 

現物の不動産投資で考えると、都内のワンルームマンションなら、利回りが4%あれば十分です。

 

一方、借入金利を2~3%と仮定すれば、イールドギャップ(利回りと借入金利の差)はほとんどとれません。

 

しかも賃料の下落や空室など、管理の悩みも付いてきます。ましてや、最終的にはしっかり売却して利益を出さないといけません。ちょっとハードルが高いと思います。

 

それをクリック一つ、管理不要で利回り4.1%の物件に投資できるのですから、FANTAS fundingの選考性は高いですね。

 

不動産投資型クラウドファンディングには積極的に投資したい

 

ソーシャルレンディングも実名化の流れにありますが、シンプルさでは不動産投資型クラウドファンディングに軍配が上がります。

 

よくわからない案件には投資してはいけないし。情報開示で投資家のリテラシーが問われるようになりました。

 

これはもう”シンプルで中身も見えて投資対象として納得できる”不動産投資型クラウドファンディングへの配分を増やしていくしかありません。

 

何としても投資しておきたいところです。

 

ということで、今日はビールで酔いつぶれないように注意しながら、クリック合戦に挑みます!

 

★★★

 

募集ファンド一覧 

 

●FANTAS check (中古不動産流通) PJ 第28号
募集金額:15,440,000円
予定分配率(年利):4.1%
予定運用期間:2019年8月1日〜2020年7月31日
プロジェクト詳細:https://www.fantas-funding.com/customers/products/55

 

●FANTAS check (中古不動産流通) PJ 第29号
募集金額:28,320,000円
予定分配率(年利):4.1%
予定運用期間:2019年8月1日〜2020年7月31日
プロジェクト詳細:https://www.fantas-funding.com/customers/products/56

 

●FANTAS check (中古不動産流通) PJ 第30号
募集金額:23,600,000円
予定分配率(年利):4.1%
予定運用期間:2019年8月1日〜2020年7月31日
プロジェクト詳細:https://www.fantas-funding.com/customers/products/57

 

★★★

 

→FANTAS funding公式ページ

 

FANTAS funding

 

まとめ記事

【不動産鑑定士が解説】FANTAS funding(ファンタスファンディング)の評判・メリット・デメリットまとめ

【不動産鑑定士が解説】CREAL(クリアル)の評判・メリット・デメリットまとめ

    


  

【クラウドファンディング業者一覧】

トッティの投資先からおすすめをピックアップ!

 

Funds

Funds

荒波にもまれ変貌を遂げるか?話題独占のFunds(ファンズ)を徹底分析 

 

FANTAS funding

FANTAS funding

【不動産鑑定士が解説】FANTAS funding(ファンタスファンディング)の評判・メリット・デメリットまとめ

 

CREAL

CREAL

【不動産鑑定士が解説】CREAL(クリアル)の評判・メリット・デメリットまとめ

 

SAMURAI

f:id:investment-totty:20190227211445p:plain

SAMURAI(サムライ)の特徴と実績は?メリット・デメリット・感想まとめ 

 

OwnersBook

 OwnersBook

【重要】OwnersBookの物件評価がソーシャルレンディングNo.1である3つの理由

 

クラウドバンク

クラウドバンク 

【ソーシャルレンディングの実名化の流れは止められない】クラウドバンク実名化対応

    


  

【クラウドファンディング投資額集計】 

業者 投資額 累計分配金
SBISL 3,500,000円 101,320円
オーナーズブック 2,850,000円 40,114円
maneo(109万円期失) 1,910,000円 251,298円
クラウドバンク 1,730,000円 248,394円
CREAL 800,000円 11,125円
SAMURAI 400,000円 0円
Funds 300,000円 2,421円
FANTAS funding 300,000円 0円
LCレンディング 300,000円 10,730円
クラウドクレジット 200,000円 16,846円
合計 12,290,000円 682,248円

 


  

\クリックありがとうございます!/

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

ブログ村