投資の時間

サラリーマンを卒業した不動産鑑定士がクラウドファンディングに投資してみる(予算3000万円)

【新生COOL始動!】ここにきて大きく動きましたね

f:id:investment-totty:20191103231214j:plain

 

ここにきて、COOLに大きな動きがありましたね。

 

金融メディアを運営する「ZUU」が、「COOL SERVICES」の株式を取得し子会社化(※)すると発表しました。

 

(※)COOL SERVICESの子会社COOLも含む。

 

  • ZUU:金融メディアを運営
  • COOL SERVICES:借手に融資(貸金業)
  • COOL:COOLの管理会社(第二種金商業)

 

2019年10月17日プレスリリースはこちら

  

→「COOL」公式ページ

 

 

ZUUとCOOL

 

ZUUは、あまり馴染みがない方もいらっしゃるかもしれませんが、ソーシャルレンディング比較サイト「ZUU funding」(クラウドポートから事業譲渡)の運営企業です。

 

ソーシャルレンディング各社を横断比較 - ZUU funding

 

そしてCOOLは、独自性の高い「在日外国人向けのアジアビジネスに特化した融資型クラウドファンディング」ですね。

  

COOLは2019年7月にローンチして、初回に貿易ファンドの募集がありました。当ファンドは償還済み(早期償還)ですが、その後の新規ファンドはありません。

 

【関連記事】

新規ソーシャルレンディング「COOL」始動【プレゼントあり!】

 

COOL子会社化の目的はZUUの事業拡大 

 

f:id:investment-totty:20191103235241j:plain

 

プレスリリースの中で、ZUUは「金融サービスの直接展開のために、許認可取得とシステム構築を成長投資分野のひとつとして掲げる」とあります。

 

つまり、融資型クラウドファンディング(COOL)を子会社化すればオールOK!合理的な判断ですね。

 

ZUUによれば、今回の子会社化で、

 

  • 金融に興味関心の高いユー ザーの囲い込み
  • 購読履歴データを活用し潜在層の顕在層化

 

を強化するとあります。

  

今後は「既存メディアの購買層に積極的に営業します!」と読み取れますので、ひいてはCOOLで積極的にファンド組成するってことですよね?

 

COOL第2弾に期待したい

 

COOLは「在日外国人によるアジアビジネス向けの融資」という独自性の高さゆえに、ファンド化が難しい側面があるとは思います。

 

ただ、営業者も利益を得るには、それなりのファンド数をこなさないといけませんし、何よりも、もう待ちくたびれました。

 

そろそろ第2弾、期待してます!

  

→「COOL」に無料登録しておく

 

\新生COOL始動!/

COOL

 


   

【クラウドファンディング業者一覧】

トッティの投資先からおすすめをピックアップ!

 

ジョイントアルファ

Jointoα(ジョイントアルファ)

ジョイントアルファ(Jointo α)本格始動!【東証1部のクラウドファンディング】

 

SAMURAI

SAMURAI証券

SAMURAI(サムライ)の特徴と実績は?メリット・デメリット・感想まとめ 

 

クラウドバンク

クラウドバンク 

【早っ!もう637億円】クラウドバンクの成長が加速中!

  

Funds

Funds

荒波にもまれ変貌を遂げるか?話題独占のFunds(ファンズ)を徹底分析 

 

FANTAS funding

FANTAS funding

【不動産鑑定士が解説】FANTAS funding(ファンタスファンディング)の評判・メリット・デメリットまとめ

 

CREAL

バナー原稿imp

【不動産鑑定士が解説】CREAL(クリアル)の評判・メリット・デメリットまとめ

 

OwnersBook

 OwnersBook

【重要】OwnersBookの物件評価がソーシャルレンディングNo.1である3つの理由

 

SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディング  

SBIソーシャルレンディングから分配金!【景気が減速しても安定した収入源を】

 

Pocket Funding

Pocket Funding

沖縄は不動産市況が絶好調だから...「Pocket Funding(ポケットファンディング)」はどうかな?

 

COOL

COOL

新規ソーシャルレンディング「COOL」始動【プレゼントあり!】

 

※トッティは「本当にいい」と思って紹介させていただきますが、クラウドファンディングは元本を保証する商品ではありません。投資する前は、ご自分でよく調べてみてくださいね。

 


  

【クラウドファンディング投資額集計】 

業者 投資額 累計分配金(税引前)
SBISL 2,300,000円 150,151円
OwnersBook 2,400,000円 103,726円
maneo(109万円期失) 1,890,000円 269,227円
クラウドバンク 1,230,000円 274,899円
CREAL 1,210,000円 26,023円
Funds  503,192円 6,427円
SAMURAI 600,000円 3,500円
FANTAS funding 750,000円 8,656円
LCレンディング 50,000円 18,708円
クラウドクレジット 200,000円 16,846円
Pocket Funding 150,000円 817円
COOL 30,000円 111円
合計 11,313,192円 878,641円

 


  

\クリックありがとうございます!/

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

ブログ村