投資の時間

サラリーマンを卒業した不動産鑑定士がクラウドファンディングに投資してみる(予算3000万円)

SAMURAI(サムライ)で投資する3つの理由


 f:id:investment-totty:20190510105234j:plain

 

こんにちわ、トッティです。

 

いよいよ本日12時からSAMURAI「不動産担保に債務保証が付いたファンド」がスタートしますね。→追記:募集開始時間は夕方に変更されました。

 

今回の記事では、個人的なバイアスがかからないように留意しながら、「SAMURAIで投資する3つの理由」をまとめました。

 

\事前にSAMURAIに無料登録/

 f:id:investment-totty:20190227211445p:plain

 

  

SAMURAIで投資する理由

 

SAMURAIで投資する理由は3つです。

 

  • 理由①:貸付先や担保物件が明確
  • 理由②:保証会社の債務保証付ファンド
  • 理由③:トップ(澤田社長)の考え方が見える

 

各々、順番に説明していきますね。

 

理由①:貸付先や担保物件が明確

 

2019年3月18日の金融庁の貸付先匿名化廃止を受け、その翌日には貸付先の開示方針を公表したのがSAMURAIした。

 

その後のSAMURAIの貸付先開示の対応は次のとおりです。

 

  • 金融庁発表の翌日に匿名化解除方針を公表
  • 貸付先、担保物件など詳細な開示サンプルを提示
  • 募集案件は実名化のみに限定する
  • 社長や取締役から定期的な対応内容のメッセージ
  • 貸付案件の審査、モニタリング方針を公表

 

貸付先廃止後、短期間にここまでの対応を示したソーシャルレンディング業者は、SAMURAIのほかありません。

 

理由②:保証会社の債務保証付ファンド

 

 f:id:investment-totty:20190503165708j:plain

 

 

2019年3月末、SAMURAI証券の親会社であるSAMURAI&J PARTNERSがJトラストグループとの業務提携を発表しました。

 

今後SAMURAIでは、Jトラスト、日本保証(Jトラストグループ会社)の保証会社の債務保証付きのファンドがスタートします。

 

これは「不動産担保について大手保証会社の債務保証が付いたファンド」を意味し、利回りは高くないかもしれませんが、ファンドの信頼性・安全性が格段に高まります。

 

保証付きファンドの第1弾は、2019年5月10日夕方にリリース、第2弾は2019年6月下旬を予定しています。

 

僕は第1弾は15万円投資、第2弾は内容を見ての判断ですが、今のところ投資するつもりです。

  

理由③:トップ(澤田社長)の考え方が見える

 

SAMURAI証券の澤田社長から、投資家に対し定期的にメッセージが届きます。

 

2019年5月9日に届いたメッセージの一部を抜粋してみますね。

 

貸付先の情報にしろ、弊社内のプロセスや弊社の考え方など、開示できるものは出来る限りすべて開示していこうと考えております。それ自体が、弊社の案件に投資して頂く投資家の皆様の安心に繋がると考えるからです。

社内でも、業界で一番自分たち業者にとって厳しい業者(投資家にとって一番フレンドリーな業者)になろうという意気込みでやっています。

 

~略~

 

弊社では、下記の通り簿価から20%超棄損した価格でのサービサー等への貸金債権の譲渡は匿名出資者の意向を確認するような自主規制ルールを策定しております。

 

~略~

 

デフォルトが起きた際の弊社の動き(回収のための行動、投資家の皆様へのレポート等々)を見て頂きたいと思います。
弊社としては、投資家の皆様に「SAMURAIは信頼できるな」と感じて頂けるような行動をしていきたいと思っています。

 

メッセージは”熱い”部分に注目しがちですが、”トップの考え方””具体的な対応内容”も織り込まれており、投資家を納得させるものになっています。

 

確かに親会社の業績は低迷しているという意見もある

 

SAMURAI証券の親会社「SAMURAI&J PARTNERS」(投資銀行業&IT業)の連結決算は赤字です(理由は投資銀行事業の先行費用によるもの)。

 

不安視する声もありますが、SAMURAIでは投資家の預り金は「分別管理」されているため、万が一、親会社が破綻しても直接の影響はありません

 

SAMURAIの親会社が倒産したらどうなるの?

 

親会社とは「まったく関係ない」とまではいいませんが、SAMURAIは親会社とは決別した「新しい体制」であることは、書いておきたいと思います。

 

SAMURAIにはお宝案件が眠っている

 

クラウドファンディング事業は2017年12月にSAMURAIをスタートさせてからデフォルトはなく、順調に登録者数を伸ばしてますしね。

 

SAMURAIは業績拡大のための信頼構築期で、その中でも保証付きファンドは投資家にとっては”お宝案件”かと。

 

トッティも信頼性の担保された保証付ファンドを中心に、SAMURAIへの配分額を徐々に増やしていく方針です。

 

もちろん投資は自分で考えるものですし、投資にリスクがあるのは前提ですが、もし「SAMURAIで投資してみるか」と思われたら、まずは”保証付きファンド”から試してみてください。

 

\6月30日まで令和キャンペーン実施中/

f:id:investment-totty:20190418131553j:plain

 

関連記事

SAMURAI(サムライ)の特徴と実績は?メリット・デメリット・感想まとめ - 投資の時間

【保証付きファンド始動!】ソーシャルレンディングはSAMURAIでいいじゃないか - 投資の時間

  


  

【クラウドファンディング業者一覧】

情報公開し投資家保護を優先した業者をピックアップ!

 

SAMURAI

f:id:investment-totty:20190227211445p:plain

SAMURAI(サムライ)の特徴と実績は?メリット・デメリット・感想まとめ 

 

CREAL

CREAL

【不動産鑑定士が解説】CREAL(クリアル)の評判・メリット・デメリットまとめ

 

FANTAS funding

FANTAS funding

【不動産鑑定士が解説】FANTAS funding(ファンタスファンディング)の評判・メリット・デメリットまとめ

 

Funds

Funds

荒波にもまれ変貌を遂げるか?話題独占のFunds(ファンズ)を徹底分析 

 

クラウドバンク

 【ソーシャルレンディングの実名化の流れは止められない】クラウドバンク実名化対応

    


  

クラウドファンディング投資額集計

業者 投資額 累計分配金
SBISL 3,500,000円 66,593円
オーナーズブック 3,450,000円 36,926円
マネオ(109万円期失) 2,080,000円 241,137円
クラウドバンク 2,020,000円 237,327円
CREAL 1,000,000円 8,505円
LCレンディング 300,000円 8,484円
Funds 300,000円 0円
FANTAS funding 300,000円 0円
クラウドクレジット 200,000円 16,846円
SAMURAI 50,000円 0円
合計 13,200,000円 615,818円

    


 

\クリックありがとうございます!/

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

ブログ村