投資の時間

サラリーマンを卒業した不動産鑑定士がクラウドファンディングに投資してみる(予算3000万円)

「OwnersBookで東京都心3区=鉄板案件」だけど...

f:id:investment-totty:20190610100240j:plain

 

梅雨入りしましたね。夏が待ち遠しいトッティです。

 

さてさて、OwnersBookで新規募集がありますね。

 

今回の担保物件は、「都心3区の千代田区にあるオフィス」ということで、OwnersBookの得意な立地・用途(アセット)です。

 

都心3区のオフィスといえば、リーマンショック時でさえ「都心3区のオフィス"以外”は投融資できない!」という風に、投資家や金融機関に絶大な信頼があります

 

「東京集中→郊外へ→東京集中」と歴史は繰り返しているわけですが、極端に需要が高い千代田区は、いつの時代も安泰でした。

 

「OwnersBookで都心3区=鉄板案件」という方程式が成立します。

 

→OwnersBookで投資物件を見てみる

 

 

今回募集ファンド概要

 

今回のOwnersBookの募集ファンドはこちらです。

 

  • 投資対象:千代田区オフィス第3号ファンド第1回
  • 募集総額:264,100,000円
  • 予定利回り:4.5%(年換算)
  • 予定運用期間:25ヶ月
  • 募集開始日:2019年6月10日(月)18:00

 

※貸付先の同意を得られず、担保不動産・借入人に関する詳細な情報は非開示。

  

今回は投資を見送るので、案件分析は控えさせてください。

 

関連記事

【案件分析】OwnersBookの担保評価の正確さを検証してみた

 

貸付先・担保不動産の情報は非開示

 

今回のOwnersBookの案件では、貸付先・担保不動産の情報は非開示です。

 

千代田区のオフィスなら”まず大丈夫”だと思いますが、担保不動産が非開示な場合は投資を控えているので、トッティは今回の投資は見送ります。

 

OwnersBookへの信頼が揺らいだわけではありませんよ!

 

不祥事を起こす業者がある中、相対的なOwnersBook需要は高まっているので、まず問題なく満額成立するでしょうね。

  

募集額も2.6億円と大きいから、クリック合戦にもならなそうだね。

 

OwnersBookサーバ増強問題

  

もったいない・・・OwnersBookは実にもったいない・・・

 

え?何の話?

 

アクセスが集中すると画面が固まる話。

 

トッティもよくOwnersBookでは、はりきって案件分析して「僕は投資します!」とカッコつけても、画面が固まり投資できないこともありました。

 

不動産には”やたらと口うるさい”トッティを含め、これだけ投資家の信頼を勝ち得ているのだから、サーバを増強しないのは実にもったいない・・・!

  

関連記事

【重要】OwnersBookの物件評価がソーシャルレンディングNo.1である3つの理由

 

「担保物件の質が落ちてる」と言われても、個人的には気になりません。リスクがあるなら物件価値に反映すればいいだけの話で、OwnersBookの物件評価力は群を抜いてるから、素人に何を言われても問題ナッシング。

 

ただ、「画面が固まるぞ!」という問題には、どうがんばっても反論できません(笑)。

 

OwnersBookがサーバを増強すれば(ついでにもっと情報開示すれば)、名実ともに「最強のソーシャルレンディング」になるのに。

 

まあ、OwnersBookは、今後もますます成長していく業者だと思ってますので、気長に待ってます。

 

OwnersBookの累積投資実行額は115億円

 

OwnersBookの累積投資実行額は115億円(2019年6月10日時点)。

 

例えばJリートでは、資産規模3,000億円が一つの目安になっていて、3,000億円にいたるまでは、実績をつくるため積極的に物件の購入を続けるプレイヤーが多くなります。

 

それが何を意味するのかというと「実績がないと、ムリな価格での物件を買ってしまう」こともあること。

 

中小規模の物件を対象としたソーシャルレンディングでは資産規模は違いますが、OwnersBookは既に115億円まで安定的に累積投資額を増やしています。

 

ソーシャルレンディングの目安を100億円だとすれば、OwnersBookはムリな案件を組成する必要はありません。

 

100憶って、肌感覚ですけどね!

 

ソーシャルレンディングは総額が積み上がるに比例して、安全性も高まっていく点も、業者選びの判断要素になる、っというお話でした。

 

→OwnersBook公式ページへ

 

OwnersBook

  

関連記事

「OwnersBookは情報公開しなくていい」は本当か?

僕がオーナーズブック押しのポジションをとる理由

 


  

【クラウドファンディング業者一覧】

情報公開し投資家保護を優先した業者をピックアップ!

 

Funds

Funds

荒波にもまれ変貌を遂げるか?話題独占のFunds(ファンズ)を徹底分析 

 

FANTAS funding

FANTAS funding

【不動産鑑定士が解説】FANTAS funding(ファンタスファンディング)の評判・メリット・デメリットまとめ

 

CREAL

CREAL

【不動産鑑定士が解説】CREAL(クリアル)の評判・メリット・デメリットまとめ

 

SAMURAI

f:id:investment-totty:20190227211445p:plain

SAMURAI(サムライ)の特徴と実績は?メリット・デメリット・感想まとめ 

 

OwnersBook

 OwnersBook

【重要】OwnersBookの物件評価がソーシャルレンディングNo.1である3つの理由

 

クラウドバンク

クラウドバンク 

【ソーシャルレンディングの実名化の流れは止められない】クラウドバンク実名化対応

    


  

【クラウドファンディング投資額集計】 

業者 投資額 累計分配金
SBISL 3,500,000円 87,754円
オーナーズブック 2,850,000円 38,610円
maneo(109万円期失) 1,910,000円 246,712円
クラウドバンク 1,760,000円 241,712円
CREAL 800,000円 11,125円
LCレンディング 300,000円 9,588円
Funds 300,000円 2,421円
FANTAS funding 300,000円 0円
クラウドクレジット 200,000円 16,846円
SAMURAI 200,000円 0円
合計 12,120,000円 654,768円

 


  

\クリックありがとうございます!/

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

ブログ村