クラウドファンディング投資研究所

サラリーマンを卒業した不動産鑑定士が、クラウドファンディングに投資してみた

【米中の貿易摩擦】アメリカが中国を潰しにかかってる?

f:id:investment-totty:20190502100005j:plain

 

米中の貿易摩擦が続いてるね。この先どうなるのかな?

 

うーん。よくわからないね。中国景気も減速してきたようだし....

 

アメリカはトランプ大統領になってから、自国中心主義に拍車がかかりましたね。

 

中国のGDPがアメリカの6割まで迫ってきた中、アメリカは中国を本気で潰しにきているようです。かつての日本が潰されたように。

  

この先、中国経済や不動産市場には注目しておいた方がよさそうです。

 

 

中国のイメージ

 

中国と聞いて、まず思い浮かぶのが社会主義・共産主義国家で「共産党」の超独裁ですね。

 

監視カメラの数は世界一らしいよ。

 

国民は常に政府に監視されてるんだね....

 

特に厳しいのがインターネット。

 

全世界にアクセスできることがインターネットの最大の魅力なのに、中国では情報統制があり、ネット情報は政府の検閲があります。


グーグル、ヤフー、フェイスブック、ツイッター、ユーチューブ、ラインなどを自由に見ることができません。

 

また、不動産については中国は社会主義公有制といって、民間人は所有権の取得が原則できません。

 

中国の急速な発展

 

f:id:investment-totty:20190502101017j:plain

出典:世界経済のネタ帳

 

中国の2017年の名目GDPは12兆ドルで、アメリカの6割の水準です。

 

日本のGDPに成長がない中、2011年に中国に抜かれてから差が広がるばかりです。

 

ただ、中国の人口は約14億人で世界1位ですが、時間の問題でインドに追い越されそうです。

 

中国の不動産市場はバブルなのか?

 

中国経済については完全なる素人ですが、急速に発展してきた中国不動産市場については、不動産鑑定士として個人的に気になるところです。

 

中国では近年、不動産開発が急速に進み、世界で使われたコンクリート100年間分が、中国ではたった3年間で使われたといわれています。


中国の住宅市場価格も高騰が続きます。

 

詳しいことは僕にはわかりませんが(すみません)、ファンダメンタルが乖離した状態にあるならば、バブルも警戒した方がいいのかもしれません。

 

中国の不確実性に注視

 

f:id:investment-totty:20190502101336j:plain

出典:経済産業研究所「通称経済不確実性指数」

 

不確実性を定量化した「通称経済不確実性指数」を見る限りでは、米中貿易摩擦で不確実性は高まっているようです。

 

中国景気にも不透明感がただよってますし。

 

中国景気の減速は日本国内景気のリスク要因でもあるので、今後も先行きに注目していきたいと思います。

   


 

【クラウドファンディング業者一覧】

情報公開し投資家保護を優先した業者をピックアップ!

 

 

CREAL

CREAL

【不動産鑑定士が解説】CREAL(クリアル)の評判・メリット・デメリットまとめ

 

FANTAS funding

FANTAS funding

【不動産鑑定士が解説】FANTAS funding(ファンタスファンディング)の評判・メリット・デメリットまとめ

 

Funds

Funds

荒波にもまれ変貌を遂げるか?話題独占のFunds(ファンズ)を徹底分析 

 

クラウドバンク

 【ソーシャルレンディングの実名化の流れは止められない】クラウドバンク実名化対応