クラウドファンディング投資研究所

サラリーマンを卒業した不動産鑑定士が、クラウドファンディングに投資してみた

【重要】SBISLの貸金業者としての融資条件【リコースローン・ノンリコースローン】

f:id:investment-totty:20190827132629j:plain

 

投資用の不動産市場では物件価格の高騰が続き、安易な高値圏での取引が見られなくなりました。

 

不動産市場の物件の量・質ともに低下している状況が長期化するなか、メガバンクのみならず、

 

その他の金融機関でも「ノンリコースローン」に対する物件の選別は、慎重な姿勢にならざるを得ないと想像がつきます

 

ノンリコースローンは、返済原資は「担保物件のみ」だから、担保の査定が重要になるね。

 

それはソーシャルレンディング(貸金業者)も例外ではないでしょう。

 

よって、「ノンリコースローンであるか、リコースローンであるか」は、投資家が投資判断をするうえで、重要な判断要素になります。

 

では、ナンバーワンのソーシャルレンディングであるSBIソーシャルレンディングの融資は、ノンリコースローン・リコースローンのどちらでしょうか?

 

以前、本ブログにコメントいただいた内容をもとに、SBISLに問い合わせてみました。

 

→SBIソーシャルレンディング公式ページ

  

 

 

SBISLへの質問

 

教えてください!

 

  • 随時募集の「SBISL不動産担保ローン事業者ファンドNeo」
  • 常時募集の「SBISL不動産担保ローン事業者ファンド」

 

について、SBI⇔業者、業者⇔エンド貸付先は、「リコースローン」、「ノンリコースローン」のどちらですか?

 

SBISLからの回答

 

弊社と借手(第三債務者を含む)はリコースローンになっております。ノンリコースローンではございません。

 

★★★

 

ということで、結果はリコースローン

 

つまり、返済原資は担保物件のみに限定されない(借り手の全財産に及ぶ)ということになります。

 

知らなかったのはトッティだけ?勉強不足ですみません!

 

物件が枯渇するなかの担保<貸金業者の回収能力

 

リコースローンであれば、物件が枯渇する現在の不動産市況のなかで設定された担保よりも、貸金業者の回収能力の重要性が高くなります。

 

担保 < 貸金業者の回収能力

 

リコースローンであることが確認できたので、回収能力に実績があるSBISLに投資するうえで、安心材料が一つ増えました。

   

金利・ソーシャルレンディングの融資条件にも着目

 

f:id:investment-totty:20190827132030j:plain

 

ソーシャルレンディングでは、2年間投資を続けてます。

 

これまでの2年間で、ソーシャルレンディング各社のリスクマネー(シニア、メザニン、エクイティ)には、特段大きな変化は見られませんでした(よね?間違ってたらご指摘ください)。

 

また、ソーシャルレンディング各社で融資条件(LTVなど)についても、大きな動きはないものの、今後は金利の上昇リスクなど不動産市況悪化の予兆もみられます。

 

貸金業者としての融資リスクには、米中貿易摩擦やスルガ銀行・レオパレス問題もあるでしょうが、リスク要因として融資にダイレクトに影響するのは、やはり「金利」でしょう。

 

金利の動向を中心に、今後も引き続きソーシャルレンディング(貸金業者)の融資姿勢の変化にも着目していきたいと思います。

  

\SBIグループのソーシャルレンディング/

SBIソーシャルレンディング

                             


   

【クラウドファンディング業者一覧】

 

クラウドバンク

クラウドバンク 

600億円目前!クラウドバンクの進化が止まらない!

 

Funds

Funds

荒波にもまれ変貌を遂げるか?話題独占のFunds(ファンズ)を徹底分析 

 

FANTAS funding

FANTAS funding

【不動産鑑定士が解説】FANTAS funding(ファンタスファンディング)の評判・メリット・デメリットまとめ

  

 

SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディング  

【王者】SBISLがマイページリニューアル!

     


  

【クラウドファンディング投資額集計】 

業者 投資額 累計分配金
SBISL 2,780,000円 124,703円
OwnersBook 2,850,000円 71,554円
maneo(109万円期失) 1,890,000円 260,349円
クラウドバンク 1,580,000円 262,602円
CREAL 1,310,000円 15,916円
Funds  500,000円 5,392円
SAMURAI 500,000円 3,500円
FANTAS funding 800,000円  0円
LCレンディング 300,000円 14,342円
クラウドクレジット 200,000円 16,846円
Pocket Funding 100,000円 0円
COOL 30,000円 0円
合計 12,840,000円 775,204円