投資の時間

サラリーマンを卒業した不動産鑑定士がクラウドファンディングに投資してみる(予算3000万円)

【SBISL】業界の命運を握る王の重圧と危機感


f:id:investment-totty:20190215182033j:plain

 

Fundsの新規ファンドのクリック合戦に惨敗しましたトッティです。もう全く勝てる気がしません...。

 

それはさておき、本日SBISLから分配金14,115円(税引前)の入金がありました。

 

SBISLの個人的な運用額は335万円なので、年利換算すると、ちょうど5%の粗利回りです。今のところ運用ファンドに遅延や元本毀損はなく、パフォーマンスは安定してます。

 

 

住信SBIネット銀行を使ってますか?

 

さてさて、「住信SBIネット銀行」を使われてる方って、けっこういらっしゃると思います。僕自身も「住信SBIネット銀行」「SBI証券」「SBISL」を利用してまして、個人情報は全てSBIグループに管理されてるヘビーユーザーです。

 

その住信SBIネット銀行では、預金額などに応じてランク分けされ、振込手数料が無料となる回数などが決められてます。

 

f:id:investment-totty:20190215135317p:plain

住信SBIネット銀行のランク

 

僕は「ランク2」なので、他行宛の振込(SBISL含む)は月3回までは無料です。ただし、大抵は月3回以上は他行宛に振込するので、その都度、手数料145円が発生してました。

 

SBISLと住信SBIネット銀行が連携

 

そんな中、2019年2月16日より、

 

SBISLと住信SBIネット銀行間の振込手数料が無料

 

となるサービスが開始されます♪

 

ソーシャルレンディングに対する投資家の不信感が払拭できない中、続々と登場するSBISL関連の景気のいいニュース

 

ただ、裏を返せば一見順調に見えるSBISL側にも、業界に対するただならぬ危機感を感じているのかもしれませんね。

  

「業界初!出資金の振込手数料を無料とするクイック入金サービスの開始について」

住信SBIネット銀行の口座をお持ちのお客さまにつきまして、お客さまが振込手数料を負担することなく、当社に即時出資金を入金できるようにするクイック入金サービス(住信SBIネット銀行の即時決済サービス)の提供を、2019年2月16日から開始いたします。これにより、出資金の入金時、分配金の受取時ともに振込手数料を気にすることなく、当社のソーシャルレンディングサービスをご利用いただけるようになります。(当社は、すべてのお客さまについて、分配金の振込(出金)手数料を無料としています。)

2019.02.14SBISLメールより引用

 

f:id:investment-totty:20190215134258p:plain

 

顧客中心主義で業界の命運を握る

 

SBISLで個人的にうれしいのが、ファンド募集開始時間が10時スタートだという点。スーツを着て公園にいるだけの主夫に優しい時間帯です。

 

www.investment3000.com

  

「顧客中心主義」に基づいて期待利回りは上昇させる一方、投資家が負担する手数料は下落傾向にあるSBISL。今回も、まさに文字通りの顧客中心主義のサービスを提供してくれました。

 

投資先が見える不動産投資型クラウドファンディングに押され、かつ不祥事が続き不信感が漂うソーシャルレンディングの命運は、大手老舗のSBISLにかかっているといっても過言ではないでしょう。

 

新たな王としてプレッシャーもあると思いますが、様々なプレッシャーを跳ね除け、SBISLにはソーシャルレンディングを復活させて欲しいと思います。

 

SBIソーシャルレンディング公式ページへ

SBIソーシャルレンディング

 

おもしろかったらクリックありがと~!

↓ ↓ ↓

f:id:investment-totty:20190215141457p:plain

にほんブログ村ソーシャルレンディング

  


 

新世代の闘魂三銃士はこちら

Funds

Funds

FANTAS funding

FANTAS funding

CREAL

CREAL