投資の時間

不動産鑑定士のリアル資産運用(投資予算3000万円)

【独立】サラリーマンが会社を辞めてよかったこと・悪かったこと

f:id:investment-totty:20180823134915j:plain

 

こんにちわ、トッティです。

 

このブログは、ごく普通のサラリーマンであったトッティ(エンジニア&不動産鑑定士)が会社を辞めて独立し、サラリーマン時代の貯金3000万円を元本に資産運用を実践するブログです。

 

投資や資産運用に興味がある方のために、不動産投資、金融投資、仮想通貨、節税など資産運用に関する情報を発信していきたいと思います。

 

 

1.ブログをはじめた理由

 

これまでは普通のサラリーマンでしたので、平日の日中は会社です。夜、家に帰って妻と子供の夕食を作り(妻は子供の保育園への送り迎えをしてくれるので、ぼくは食事担当)、その後は妻と共同で家事・育児をするという生活でした。

 

週末も家族との時間を大切にしたかったので、サラリーマン時代はなかなか自分の時間の確保ができませんでした

 

でも勇気を出して独立し、自分で自分の時間を作り出せるようになったので、同じように資産運用に興味がある方、会社を辞めて独立したい方の参考になればうれしいと思い、このブログを始めました。

 

世の中には同じような資産運用系のブログもたくさんありますが、育児ネタなども取り入れ、まったりとやっていきたいと思っています。

 

2.会社を辞めた理由

 

ぼくは2018年7月で会社を辞めて独立しました。

 

それまでは、日本で歴史のある丸の内の電機メーカーでエンジニアをした後、不動産鑑定士の資格を取って、不動産鑑定士の数が日本で一番多い不動産鑑定事務所で働いていました。

 

結婚して子供もいるので、このまま安定した生活を続けるという選択肢も考えましたが、心の底では、いつか独立したいという気持ちは消えませんでした。「自分の人生を自分で選んで生きてない」という自分への罪悪感がありました。

 

一度きりの人生ですし、いつ死ぬか分かりません。このまま死んだら絶対後悔すると思ったので、失敗してもいいから、やりたいことを好きなだけやろうと、独立しました。

 

3.独立してよかったこと

 

(1)満員電車に乗らなくてよい。

 

f:id:investment-totty:20180823135936j:plain

 

ぼくは東京に数年住んで、その後は地方に引っ越して職場にかよってました。

 

通勤時間がムダだと思っていたので、できるだけ職場の近くに家を借り、最終的なサラリーマン時代の通勤時間は約30分でした。

 

それほど家から職場までが遠かったわけではないですが、地方では運行本数・車両数が都会に比べて少なくなるので、朝・夕は満員電車になるんです。

 

満員電車の通勤はいつも憂鬱で、凄まじいストレスでした。。。

 

ほら、満員電車ってみんなイライラしてるので、ケンカしてる人、けっこういますよね。

 

そういう人を見ると変な気をもらうというか、その日一日、憂鬱な気分になりませんか?

 

独立して家が職場になりましたので、満員電車に乗らなくてもよくなったのは本当にうれしいです。

 

(2)好きな時間に起き、好きな時間に働ける。服装も自由。

 

f:id:investment-totty:20180823135927j:plain

 

独立すると好きな時間に起きていいんです。


決まった時間に会社に行かなくてもいいから。

 

日中、仕事に疲れたら昼寝してもいいし、自分ルールで生きられるのがいいですね。

 

起きたらパジャマのままで働けます。


フリーランスにとって服装と生産性は関係ないので。

 

スーツを着なくてもよくなったのもうれしいですね。


スーツのクリーニング代も節約できます!

 

(3)人間関係に悩まされることがない。

 

「人間の悩みは全て対人関係の悩みである」 アルフレッド・アドラー

 

世界的心理学者であるアドラーの言葉です(この本を読むと世界観変わります)。

 

独立すると出世争いなどの競争もないですよね。

 

独立すれば、自分党の党首となり、上司に評価されるということがなくなるし、ぼくの場合は一人で仕事が完結するので誰かに気を遣うことはなくなり、対人関係の悩みはきれいになくなりました

 

ストレスって、自分の思い通りにならないときに感じるので、全ての仕事を自分でコントロールできるようになると人間関係のストレスがなくなります。

 

ストレスがなくなった分、本質的な仕事に集中できるようになりました。

 

(4)新しいことにチャレンジする精神的余裕ができた。

 

自分の時間を作って新しいことに挑戦したかったから、独立したんですよね。


時間は人生そのものですから。

 

今は政府も副業を推奨していますが、サラリーマンをしながら、家事・育児もやって(妻もフルタイムで働く正社員なので、家事・育児は2人で折半)、その上で副業をするのはぼくにはムリでした。。。

 

はい、ガッツがなかっただけかもしれません!きっとそうでしょう。


同じような環境にいる人でも、副業やる人はやりますからね。

 

今は独立して精神的な余裕ができたので、このブログも始めることができましたが、時間的・精神的な余裕がないと、普通の人は新しいことにチャレンジするのは難しいのではないでしょうか?


・・・といいつつ、今、時間ありませんw

 

会社を辞めた人なら、あるある話かもしれませんが、独立してから意外に追われてます。。。

 

仕事環境、PC環境(不動産鑑定士には業務上、必要なソフトなどが多数あります)などのインフラ整備、経理関係や庶務・雑務も全て一人でしなければいけないし、せっかく独立したので新しいことにチャレンジもしたい。

 

サラリーマン時代のように安定した給料があるわけではないので、さぼるとその分、収入が減るというプレッシャーもありますね。

 

真面目な性格なので意外とさぼれないです。

 

(5)受注から納品まですべての工程を経験できる。

 

サラリーマン時代は、ごく一部の工程しか経験できませんでした。

 

ぼくはIT業界、不動産業界と渡り歩いてきました。

 

例えばIT業界にいたエンジニア時代であれば、大きくは営業チームと製造チームに分かれます。


ぼくは製造チームにいたのですが、大規模なシステムを開発していたので、製造チームの中でも要件定義、システム設計、プログラマー、テスト、運用保守など、担当が分かれることがあります(小規模なシステム開発のケースでは、全て一人で担当することもありますが)。

 

社員はこれらのうちのどれかの工程の担当になるので、全ての工程を経験することはできません


ボイシーで有名なサウザーさんが言うところのカレー作りでいうと玉ねぎをずっと切ってたわけです。

 

独立すると、営業も製造も関係なく、全ての工程を一人でこなさないといけないので、カレーで言うと玉ねぎを切って、ジャガイモ・人参も切って煮てルーを入れて・・・どうやったらカレーという商品ができるのかが分かります。

 

商品の作り方が分かるので、それを作って売ることができる

 

独立を考えている方は、会社のビジネスモデルを全部覚えてからがいいですね。

 

4.独立して後悔していること

 

税金、社会保険料の高さにびびります!w

 

所得税などは前年の年収に対してかかってくるので、いくら「今年は独立したてなのでお金がない!」っと言っても払わなければなりません。

 

「独立するとかかる税金・社会保険」はまた記事にしたいと思います。

 

一方、初年度の収入は激減しますが、それは辞める前から分かっていたこと。

 

生活防衛資金はこれまでの貯金で確保しつつ、しっかり資産運用していけば大丈夫でしょう・・・多分。

 

関連記事:【節約】サラリーマンがどうやって3000万円貯金できたの?

 

あとは来年2~3月に控えている確定申告が少し心配ですが、今はクラウド会計サービスも充実してますからね。

ぼくは妻と子供がいれば十分で、一人でも全然寂しくないタイプなので、独立して日中一人で仕事をしていても、全然苦になりません。

 

むしろ毎日が幸せです。

 

独立して後悔していることは本当にありません。

  

5.まとめ

 

独立すると好き勝手できますが、逆にすべてが自己責任となるので、毎日が勝負とも言えるでしょう。


会社を辞めるなら貯金をため(当面の生活防衛資金200~300万円は必要だと思います)、ビジネスモデルを準備して計画的に辞めないと、初年度から金銭面で苦労します。

 

ぼく自身、まだ独立して1カ月もたっていないので、これからどうなるか分かりませんが、未来のことを心配してもしょうがないので、今は一日一日を刹那的に生き、充実させたいと思っています。

 

同じように独立を考えている方のご参考になればうれしいです。