クラウドファンディング投資研究所

サラリーマンを卒業した不動産鑑定士が、クラウドファンディングに投資してみた

SBISL不動産担保ローン事業者ファンドNeoは「同じ貸付先」「担保不明」のまま行くのかな?

f:id:investment-totty:20190816135649j:plain

 

怖くてSBISLの「Neo」シリーズで投資できない、チキンのトッティです。

  

 

SBISL不動産担保ローン事業者ファンドNeo 4号

 

  • 募集額:8億円
  • 名目利回り:6%
  • 管理手数料:1%(貸出金利7%)
  • 運用期間:12カ月
  • LTV:85%
  • 貸付先:1~4号まで全て同じ(詳細は会員限定)
  • 担保:公表なし(説明なし)
  • 募集開始:2019年8月19日10時~

 

ほうほう、なるほど。そうきましたか。

 

  • 募集額は8億円だが、1~4号まで同じ貸付先に総額52億円の貸付
  • 担保は公表も説明もなし(かつLTV高め)

 

・・・って、リスクを分析しようがなくない?

 

 

特に、初回からNeoに投資した人は、1~4号が全て同一貸付先と知り得ないので「話が違うよ!」となりませんかね。

 

リスクとは?

 

リスク(利回り)の本質って「事前に分からないこと」こそがリスクなので、本ファンドのリスクはめちゃくちゃ高いんですけども、SBISLの信用力で相殺されて利回りは6%。

 

SBISLなら8億くらいすぐに埋まるんでしょう。

 

「当たって砕けろ」が通用するのがSBISL様。他のソーシャルレンディング業者とは一味違うな。

 

SBISLの匿名性と信用力が利回りに及ぼす影響

 

結局、圧倒的な信用力のSBISLは、どんなファンドでも埋まるのかもしれません。

 

こちらの記事で、「SBISLの匿名性と信用力が利回りに及ぼす影響」について考察してますが、

 

【SBISL:Neo・ディベロッパー】利回りの構成要素に「匿名性」と「信用力」を追加してみた

 

天下のSBISL様にとって、公表内容はあまり関係ないのかもしれませんね。

 

SBISLは、投資家が「何も考えなくていいくらい信用されてる」ってことですかね。

 

せめて担保の評価方法は個別に書いて欲しい

 

不動産評価を生業としている庶民として、どうしても気になる箇所があるんですよ。

 

それは、「担保価値の算定方法」が、毎度おなじみの個別性のない文章であること。

 

こういう細かいところが気になる変人です。すみません。

 

算定方法 算定方法

■底地、自家利用物件の場合公的価格指標や取引事例を基に、物件個別の要因を加味して不動産価値を算出します。
■収益物件の場合地代や家賃などの収益を基に、収益還元法で不動産価値を算出します。

(出典)SBISLホームページより

  

ソシャレンは匿名化が解除され、証券化でも地価公示でも、不動産の評価情報は、ネットで広く公開するのが令和の時代です。

 

このご時世、どの物件でも”無味無臭のコピペ”は、手抜き感が漂ってしまうので、もう少し丁寧に書いた方がいいと思いますけど・・・

 

こらこら、庶民の分際で天下のSBISL様をいじるな。チキンはチキンでも食ってなさい。

 

誰が評価していて、その人はどれだけ実績があるのか

   

貸金業にとって重要な担保評価を「えいや!」っで決めてるって思われないためにも、「誰がどうやって」評価してるのか、個人的には知りたいです。

 

さりとて。SBISLはナンバーワンの事業者で、主力投資先です(278万円運用中)。

 

間違っても、某マネオのように適当に決めているのではなく、元本保全の一因として機能するよう、きちんと評価してくれているとは思いますけどね。