不動産クラウドファンディング投資研究所

サラリーマンを卒業した不動産鑑定士が、不動産クラウドファンディングに投資してみた

利回り不動産から過去最高の募集額

 

f:id:investment-totty:20210728090218p:plain

 

「利回り不動産」から、過去最高の募集額(8550万円)が来ましたね。

 

これまでの利回り不動産を振り返ると1~5号は平均募集金額783万円の小口ファンドでした。その後、6号で6300万円になり、7号ではさらに増えて8550万円になりました。

 

ちなみに1~6号の立地、用途は以下のとおりです。

 

  1. 北海道札幌市(区分マンション・55.04㎡)
  2. 北海道札幌市(区分マンション・20.55㎡)
  3. 北海道札幌市(区分マンション・45.92㎡)
  4. 北海道札幌市(区分マンション・20.32㎡)
  5. 北海道札幌市(区分マンション・18.38㎡)
  6. 東京都国立市(店舗テナント・158.86㎡)

 

で、7号は東京都中野区のアパート1棟ですね。1棟は初。6号から東京に進出しましたが、しばらく東京が続くのかな?

 

確か利回り不動産のセミナーでは「今後はレジデンスや老人ホーム、保育園なども検討します」という話でしたので、そのうち不動産クラファン初の老人ホームなんかも登場するかもしれませんね。

 

ということで復習はこの位にして、利回り不動産の7号ファンドをサクッとみていきたいと思います。

 

f:id:investment-totty:20210728060227j:plain

 

  • 募集金額:8550万円
  • 利回り:5.5%(年利)
  • 運用期間:12ヶ月
  • 分配:半年
  • 最低投資金額:1万円
  • 劣後割合:10%
  • 募集開始:2021年8月10日12時~

 

※投資額の1%分のワイズコインプレゼント

 

本ファンドは先着順ですが募集金額が8550万円もあるので、ある程度の余裕はありそうです。

 

利回りは5.5%はこれまでの利回り不動産のファンドと比べると低めですが、「投資額の1%分のワイズコインプレゼント」があるので、見劣りはしないのかなと思います。まあ、東京ですしね。利回りは低くなります。

 

続いて物件情報です。

 

  • 名称:リブタス中野江原町
  • 所在:東京都中野区江原町1丁目21-8
  • 交通:都営大江戸線 / 新江古田駅 徒歩10分、西武池袋線 / 東長崎駅 徒歩13分
  • 敷地:213.43㎡
  • 用途:一低専(60/150)
  • 構造:木造2階建
  • 竣工:2021/05
  • 延床:188.14㎡
  • 戸数:10 戸

 

新築の単身者向けのアパート1棟ですね。グーグル先生で調べてみると・・・

 

 

たぶん、上の写真の赤い印のある建物は取り壊されて、対象不動産が建築されたんだと思います。周りは戸建と共同住宅が混在してますね。ミニ開発もみられます。

 

スーモで「リブタス中野江原町」を見てみると、専有面積が16㎡ほどで賃料は6万円後半(共益費込)で募集されてます。

 

個人的には江古田には今から10数年前、賃貸マンションの評価で行ったきり。なので大したことは書けませんが、まあ、普通の住宅街が広がっていたと記憶しています(適当だな~)。

 

他のブロガーさんも書かれてましたが、江古田は中野区というよりは練馬区のイメージがありますね。最寄りの「新江古田」駅も区境にありますし。

 

あとは・・・うーん。よく覚えてない(笑)

 

失礼ですね。すみません。あくまで僕の記憶力の問題で江古田の印象が薄かったので、仕方なくグーグル先生で散策してみました。

 

利回り不動産でも紹介されてましたが、近くにスーパーサミットがありますね。対象から西には「江古田の森公園」、南に「哲学堂公園」という大きな公園もあります。

 

対象から中野駅にはちょっと行きにくいですが、利回り不動産の説明文に「新宿駅まで約15分、池袋駅まで約16分」とありますから、新宿・池袋に通勤する若手サラリーマンの需要がありそうです。

 

以上、簡単ですがまとめると

 

  • 募集金額が8550万円なので先着順だが余裕はありそう。
  • 利回りは5.5%と標準的だが、ワイズコイン1%の旨みはある。
  • 江古田の印象は、正直あまり覚えていない(まだ言うか)。

 

という感じのファンドでしょうか。

 

ではでは。今日も健やかにお過ごしください。

 

→利回り不動産

  

 【関連記事】

【利回り不動産】不動産クラウドファンディング祭り!まさかあの人が・・・