投資の時間

サラリーマンを卒業した不動産鑑定士がクラウドファンディングに投資してみる(予算3000万円)

浦安にホテル作りすぎじゃない!?

f:id:investment-totty:20190422085349j:plain

 

千葉県では浦安、幕張、千葉駅周辺などでホテル開発ラッシュが続きます。

 

千葉県にホテルがポコポコできる一番の要因は、日本最大のテーマパーク「東京ディズニーリゾート」があるからです。

 

特にすごいのが浦安ですよ!

 

浦安には、東京ディズニーリゾートへの来園者をターゲットとしたホテルができるできる.....

 

 

東京ディズニーリゾート周辺のホテル開発

 

平成28年

 

  • 東京ディズニーセレブレーションホテル(ウィッシュ、ディスカバー合計702室)
  • シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルの新館パークウィング(1,000室以上)

 

平成29年

 

  • ラ・ジェント・ホテル東京ベイ(291室)
  • 変なホテル舞浜東京ベイ(100室)
  • 日和ホテル舞浜(80室)
  • ホテルドリームゲート舞浜の新館アネックス(80室)

 

平成30年

 

  • ホテルエミオン東京ベイの新館エミオンスクエア(204室)
  • コンフォートスイーツ東京ベイ(312室)
  • 東京ベイ東急ホテル(638室)
  • イビススタイルズ東京ベイ(216室)

 

平成31年

 

  • ハイアットプレイス東京ベイ(365室)

 

平成28年から平成31年の約4年間で、実に約3,000室が供給されました。

 

今後もホテル開発が続く

 

すでに「東京ディズニーリゾート」周辺のホテル客室数は11,000室を超えてます。

 

一つの街だね!

 

さらにオリエンタルランドがディズニーブランドホテル(475室)を新設することを発表してます。

 

このホテルは1泊10万円超えの客室もあるそうだよ!

 

ホテルマーケットの歴史

 

ホテルはリートでも主要なアセットとして定着してます。

 

今でこそ、ホテルは好調ですが、この10年間のホテルマーケットの歴史を振り返ると、冬の時代も長く続いていたんですよ。

 

平成19年~平成21年ごろ

 

リーマンショックに端を発した世界的な景気の冷え込みにより、国内旅行人数や消費額は大きく減少した。

 

平成23年ごろ

 

東日本大震災、福島第一原発の事故により、直接の被災地である東北地方のみならず、全国的にツアーキャンセルが相次ぎ、旅行人数は大幅に減少した。

 

平成24年ごろ

 

LCC(低コスト航空会社)が相次いで運行を開始し、飛行機の利用者が増えたこともあり、国内の旅行需要はやや回復傾向に。

 

平成25年ごろ

 

アベノミクスへの期待から円安・株高になり、景況感が好転。LCCの路線増加も相まって国内旅行の需要も増加。東南アジア5か国のビザ免除・緩和も追い風になり、インバウンドが過去最高の1,000万人を突破。

 

平成26年ごろ

 

消費税が5%から8%に引き上げられ消費が落ち込む。さらに台風や豪雨も続き旅行人数や消費額が減少した。

 

平成27年ごろ

 

北陸新幹線の開通、円安が進行したこともあり、日本へ旅行しやすい環境に。インバウンドは過去最高の約2,000万人を突破。

 

平成28年ごろ

 

インバウンドは2,400万人を突破。ただし、中国やアジア各国の経済成長の鈍化や、一時円高になったこと、国内では将来への不安から節約志向が広まったことから、旅行者数は伸び悩む。

 

平成29年ごろ

 

中国政府による関税引き上げや為替の変動で、いわゆる「爆買い」は縮小傾向に。旅行の目的が「買い物」から「体験」へシフト。都市部やリゾートホテルの開業ラッシュが続く。

 

平成30年ごろ

 

インバウンドは3,100万人を突破。その恩恵を受け、機関投資家によるホテル投資が増加。東京五輪後も中長期的に高いニーズがあるとみて、主要商業地でホテル開発が続く。

 

現在のホテル市況

 

f:id:investment-totty:20190422092018j:plain

 

円高や中国経済などの懸念材料はあるものの、大型ホテルの開発は続き、インバウンド需要も安定してます。

 

ですので、天災等の特段のアクシデントがない限り、宿泊市場は好調を維持しそうです。

 

ホテルの取引のプレーヤーの多くはJ-REIT、私募REIT、米系投資ファンド、アジア系投資ファンドをが中心ですが、好調なホテルパフォーマンスに牽引されて、プレーヤーの取得競争は過熱化した状態が今も続いています。

 

ディズニーリゾートの巨大化

 

オリエンタルランドは約2,500億円を投資して「東京ディズニーシー」を約2割大きくするとし、2022年度中に開業する予定としています。

 

ということは、まだまだホテルもできる?

 

...そのようだね。

 

そのうち、海を埋め立ててホテルを作るんじゃないでしょうか。

  

関連記事

【CREAL大型ファンド】ホテルアマネクは本当に売れるのか?という不安を解消 - 投資の時間

 【不動産鑑定士が解説】CREAL(クリアル)の評判・メリット・デメリットまとめ - 投資の時間

 


  

クラウドファンディング口座開設リンク

※管理人が投資中。下記業者で期失等はありません。

 CREAL

CREAL

FANTAS funding

FANTAS funding

Funds

Funds

OwnersBook

クラウドバンク

SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディング

  


 

クラウドファンディング投資額集計 

業者 投資額 累計分配金
SBISL 3,500,000円 66,593円
オーナーズブック 3,450,000円 36,926円
マネオ(110万円期失) 2,080,000円 241,137円
クラウドバンク 2,020,000円 237,327円
CREAL 900,000円 2,098円
LCレンディング 300,000円 8,484円
Funds 300,000円 0円
FANTAS funding 300,000円 0円
クラウドクレジット 200,000円 16,846円
SAMURAI 50,000円 0円
合計 13,100,000円 609,411円