クラウドファンディング投資研究所

サラリーマンを卒業した不動産鑑定士が、クラウドファンディングに投資してみた

【逆風強まる!】景気動向指数(2019年8月更新)

f:id:investment-totty:20190817094214j:plain

 

こんにちわ、景気ウォッチャーのトッティです。

 

物価上昇(インフレ)率の低下が気になりますね。

  

 

 

景気動向指数って何?

 

内閣府は景気動向指数を毎月公表してます。

 

景気動向指数とは

景気に関する総合的な指標のこと。

★景気動向に先行する「先行指数」

★景気動向と同時に動く「一致指数」

★景気動向に遅れて動く「遅行指数」

の3つがある。

出典:ウィキペディア

     

政府の「月例経済報告」「景気動向指数」をみることで、不動産の需給や価格に影響する最新の経済の動きを知ることができます。

 

先月の景気動向指数では「悪化」から一転し、「下げ止まり」と判断されました。

 

f:id:investment-totty:20190330010911j:plain

 

続く最新データではどうなったの?

 

景気動向指数と景気基調判断(最新データ)

 

最新データである2019年6月速報値の国内景気の現状を示す景気動向指数(CI:一致指数)は、先月の1.1ポイント上昇から一転し、今月は3.0ポイント下落。

 

3カ月ぶりに大きく下落しました

 

f:id:investment-totty:20190817092638j:plain

出典:内閣府「一致指数の推移」

 

景気動向指数(CI:一致指数)は「指数の推移」により機械的に決まります。

 

一方、景気動向指数(CI)の上昇で、3ヵ月(または7ヵ月)の移動平均の動きから判断される「景気基調判断」では、先月と同じく今月も 「下げ止まり」となりました

 

f:id:investment-totty:20190330010911j:plain

 

基調判断の定義

「下げ止まり」の定義:景気後退の動きが下げ止まっている可能性が高いことを示す。

出典:内閣府 景気動向指数

 

※景気基調判断は過去の推移から自動で決まるので、実際の経済の動きとは異なることがあります。

 

月例経済報告と景気動向指数に乖離

 

2019年6月の「月例経済報告」では、「景気は、輸出や生産の弱さが続いているものの、緩やかに回復している」に対して、「景気動向指数」は大幅下落

 

「月例経済報告」と「景気動向指数」の見方に乖離が生じてますね。

 

この後、「指数」と「リアルタイムの企業ヒアリング」で決定される「月例経済報告」が正式な政府の判断です。

 

次回、2019年8月後半に公表される「月例経済報告(2019年7月分)」に注目したいと思います。    

  

世界経済の減速懸念や米中貿易摩擦の先行きも不透明。逆風が強まってるね。

     

 


   

【クラウドファンディング業者一覧】

 

クラウドバンク

クラウドバンク 

600億円目前!クラウドバンクの進化が止まらない!

 

Funds

Funds

荒波にもまれ変貌を遂げるか?話題独占のFunds(ファンズ)を徹底分析 

 

FANTAS funding

FANTAS funding

【不動産鑑定士が解説】FANTAS funding(ファンタスファンディング)の評判・メリット・デメリットまとめ

  

 

SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディング  

待望のSBISLも来た!匿名化解除後の方針を公表

    


  

【クラウドファンディング投資額集計】 

業者 投資額 累計分配金
SBISL 2,780,000円 124,703円
OwnersBook 2,850,000円 71,554円
maneo(109万円期失) 1,890,000円 260,349円
クラウドバンク 1,580,000円 262,602円
CREAL 1,310,000円 15,916円
Funds  500,000円 2,421円
SAMURAI 450,000円 3,500円
FANTAS funding 800,000円  0円
LCレンディング 300,000円 14,342円
クラウドクレジット 200,000円 16,846円
Pocket Funding 100,000円 0円
COOL 30,000円 0円
合計 12,790,000円 772,233円