クラウドファンディング投資研究所

サラリーマンを卒業した不動産鑑定士が、クラウドファンディングに投資してみた(予算3000万円)

【募集額は一気に4倍!】Fundsの「GranDuoファンド#2」は突然に!

f:id:investment-totty:20200611154115j:plain

 

こんにちわ、そろそろ夕飯と保育園に迎えに行く準備をしなきゃな~と思ってたら、Fundsの募集メールを見てしまいました、トッティです。

 

早くブログ書いて支度しなきゃ!

 

さて。Fundsの人気ファンド「GranDuo」シリーズの第2弾が募集されてます。

 

 

Funds「GranDuo」ファンド第2弾

 

f:id:investment-totty:20200611154129j:plain

 

GranDuo第1弾の募集額は5000万円でしたが、今回は一気に4倍の2億円

 

前回、投資できなかった方にもチャンスは広がりました。ただ、利回りは3.0%から2.2%に下がってますね。

 

個人的には、GranDuoシリーズは、第1弾ファンドに投資しましたので(↓)、今回は控えたいと思います。

 

トッティのFunds運用ファンド

 

f:id:investment-totty:20200611154156j:plain

 

こうやって投資先ファンドを見てみると、ほとんど不動産系ですね。現物資産の売却で借入金を返済できる不動産は、ソシャレンの仕組みにマッチしてるんでしょう。

 

抽選はすでに募集開始

 

なお、今回の募集方法は、抽選と先着。抽選はすでに始まってます。

 

Fundsからメールが来たのが15時9分。たまたま15時30分頃にメールに気づいて、サイトを確認したところ、抽選は既に21%埋まってました。

 

f:id:investment-totty:20200611154145j:plain

 

2.2%と決して高い利回りではありませんが、本ファンドを狙ってた人も多かったんでしょうね。

 

ファンド組成はFsithファンズ社ですが、親会社のフェイスネットワーク社(東証マザーズ上場)がデフォルトしなければ、元本は毀損しません。分かりやすいですね。

 

f:id:investment-totty:20200611155450j:plain

 

f:id:investment-totty:20200611154218j:plain

 

Fundsを利用する理由は広告のため

 

以前の記事「あらためてFundsの人気ぶりを紐解いてみた」でも書かせていただきましたが、Fundsでは「お金を借りたい!」という企業ではなく、「Fundsを利用して広告したい!」という企業に対してお金を貸すので、投資家側も安心感があると思います。

 

Fundsを利用する理由

顧客が不動産投資に少額から取り組める機会を提供すると同時に、GranDuoシリーズの認知度向上を図るためFundsにご参画いただきました。

(出典)Fundsホームページ

 

明豊エンタープライズ(EL FARO)、サンセイランディック(底地くん)、インテリックス(あんばい)など、Fundsの不動産系ファンドは大人気ですが、本シリーズも人気化しそうですね。

  

→Funds公式ページ

 

\今やソシャレンのエースに/

Funds

   


    

【クラウドファンディング業者一覧】

トッティの投資先からお気に入りをピックアップ!

 

Rimple(リンプル)

Rimple(リンプル)

Rimple(リンプル) の特徴と実績は?まとめ・感想【不動産クラウドファンディング】

   

SYLA FUNDING

SYLA FUNDING

SYLA FUNDING(シーラファンディング)始動!【不動産クラウドファンディング】

  

A funding

A funding(エー・ファンディング)登場!情報量が強みの不動産投資型クラウドファンディング

 

ASSECLI

ASSECLI(アセクリ)のまとめ・感想【不動産クラウドファンディング】

 

SAMURAI FUND

SAMURAI証券

SAMURAI(サムライ)の特徴と実績は?メリット・デメリット・感想まとめ 

 

クラウドバンク

クラウドバンク 

【もう650億!】クラウドバンクの活躍が驚異的!

  

FANTAS funding

FANTAS funding

FANTAS funding(ファンタスファンディング)の評判・メリット・デメリットを不動産鑑定士が解説

 

CREAL

CREAL

CREAL(クリアル)の評判・メリット・デメリットを不動産鑑定士が解説

   

SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディング  

僕が「SBISL不動産担保ローン事業者ファンド」を選ぶ7つの理由

 

CRE Funding

CRE Funding(シーアールイーファンディング)登場!ついにソーシャルレンディングで物流投資が可能に!

  

※クラウドファンディングは元本を保証する商品ではありません。投資する前は、ご自分でよく調べてくださいね。

   


  

【クラウドファンディング投資額集計】 

業者 投資額 累計分配金(税引前)
Rimple 200,000円 0円
クラウドバンク 577,000円 314,027円
creal 1,120,000円 56,120円
Funds 700,000円 15,403円
SAMURAI FUND 650,000円 19,345円
CRE Funding 100,000円 287円
SBISL 1,520,000円 221,081円
FANTAS funding 1,150,000円 17,903円
SYLA FUNDING 350,000円 0円
OwnersBook 1,500,000円 154,877円
Pocket Funding 142,000円 4,745円
ASSECLI 30,000円 0円
クラウドクレジット 100,000円 29,048円
Joint α 100,000円 0円
COOL 0円 111円
maneo(109万円期失) 1,890,000円 304,688円
LCレンディング 0円 18,831円
合計 10,127,000円 1,156,466円

 


  

\クリックありがとうございます!/

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

ブログ村