クラウドファンディング投資研究所

サラリーマンを卒業した不動産鑑定士が、クラウドファンディングに投資してみた

【2019年3月】クラウドファンディング分配金と投資元本まとめ

f:id:investment-totty:20190331000032j:plain

 

こんにちわ、ノストラダムスのトッティです。

 

3月27日に「マネオがきな臭い。大事が起こりそうだ」とブログに書いたところ、

 

  • その翌日28日にマネオがガイアを訴訟
  • 更にその翌日29日にはマネオマーケット瀧本社長の退任

 

と、予想が的中してしまいました。

 

100%偶然ですけどね。

 

何百件も不動産を評価してきた立場からは、マネオの担保評価に言いたいことは山ほどありますが、新体制を機にマネオが立ち直ってくれることを願ってます。

 

さてさて、早いことに3月も終わりますね。

 

恒例の月間分配金をまとめましたので、ブログでご報告したいと思います。

 

 

資産運用額・分配金まとめ

 

現時点のクラウドファンディングの資産運用額と、3月の分配金はコチラです。なお、画面キャプチャは数が多くなり、サイトが重くなるので付けてません。

 

資産運用額(2019年3月31日時点)

 

投資元本総額は1,332万円で、各業者への配分額はコチラです。

  

業者 投資額
SBISL 3,500,000円
オーナーズブック 3,450,000円
マネオ 2,520,000円
クラウドバンク 2,000,000円
クリアル 800,000円
LCレンディング 300,000円
Funds 300,000円
FANTAS funding 200,000円
クラウドクレジット 200,000円
サムライ 50,000円
合計 13,320,000円

 

2018年11月初旬のマネオの大量期失を受け、マネオからの撤退を決めてますが、期失案件の進捗がないので、5カ月が経過した現時点でもなかなか撤退が進んでいません。

 

2019年3月分配金

 

元本1,332万円の運用に対して、3月は3.8万円の収益(税引前)でした。

 

月5千円の小遣いで暮らしていける仙人には十分な額です。

 

業者 2019年3月
SBISL 14,225円
maneo 8,493円
クラウドバンク 12,396円
CREAL 1,407円
LCレンディング 1,551円
合計  38,072円

※2019年3月31日時点

※分配金は税引前で、分配がなかった業者は省略

  

ちなみに、年利換算では粗利回り3.4%と低くなるのは、マネオで110万円拘束されてるからです。

 

マネオ以外はこれまで1年8カ月の運用期間中、期失や元本毀損はなく、順調ですね。

 

今後の投資方針

 

現在、被弾しているマネオのガイア向けセレクトファンドに投資したのは2018年3月ごろ(被弾は他のファンドもありますが)。

 

当時は2018年7月の行政処分前だったので、正直油断もありました。投資から1年たって、まだ拘束されてるとは...。

 

f:id:investment-totty:20190331002441j:plain

 

今後はマネオ、LCレンディング、クラウドクレジットからは償還次第、撤退します。業者数が多いと調査しきれないので、最終的には5~6業者に絞りたいと思います。

 

運用額は身の丈にあった1,000~1,300万円程度がちょうどいいですね。

 

政府の景気判断もやや弱気化してますので、今後は現金の割合を少し増やしておこうと思います。

 

※クラウドファンディングは、元本を保証する商品ではありません。”必ずご自分で”納得するまで調べ、リスクを許容した上で、投資してください。