クラウドファンディング投資研究所

サラリーマンを卒業した不動産鑑定士が、クラウドファンディングに投資してみた

【劣後融資20%】クラウドバンクの男気に惚れた

 f:id:investment-totty:20200610080232j:plain

 

こんにちわ、トッティです。 

 

クラウドバンクからコロナの影響を受けた企業を支援する男前のプログラムがスタートします。

 

コロナショックに巻き込まれ資金繰りが悪化し、なるべく早く融資を受けたい企業に向けた”つなぎ融資”で、ポイントは

 

f:id:investment-totty:20200424204725j:plain

 

  • クラウドバンクが20%劣後融資
  • 貸付金利は3~4%と低めを予定
  • 営業者報酬は0.1%しか取らない

 

という内容です。

 

例えば政府の融資窓口が混雑していたり、一般の金融機関では決算に時間がかかるケースなどに利用されるとのことです。

  

→クラウドバンク公式ページ

 

\ついにデフォルトゼロで900億円突破!/

クラウドバンク

 

 

「融資+支援」をマッチングさせるクラウドファンディングで、優先劣後方式も採用

 

こ....これは....コロナの影響を受けた企業に対する具体的な支援としては、ソーシャルレンディングでクラウドバンクが初ではないでしょうか。

 

不動産投資型クラウドファンディングでは当たり前となっている優先劣後方式を、ソーシャルレンディングでも採用。僕が知る限りでは初めてです。

 

支援が目的なので、貸出金利は3~4%と低く、クラウドバンク側は0.1%の報酬しか受け取らないとのことなので、投資家としては3~4%弱の利回りになりますね。

 

クラウドバンクの平均利回りは約7%ですから、利益目的ではなく、支援に賛同する投資家のみ集まりそうです。

 

いわば「融資+支援」をマッチングさせるクラウドファンディングですね。

  

クラウドバンク特別支援プログラムの詳細

 

新型コロナウイルスに関する特別支援プログラムの実施ご案内

2020年4月24日 掲載

 

クラウドバンクグループは、新型コロナウイルス感染症拡大及び拡大抑制に伴う営業自粛等により一時的な資金需要が生じている企業を支援することを目的として、そのような企業を応援したい個人投資家等の橋渡しを行うプログラムを行います。

 

【プログラムの概要】

 

① クラウドバンクグループが組成する本プラグラムのみを目的とする特別目的会社が債務者となる融資にて運用するファンドを募集し、その資金をもって、新型コロナウイルス感染症拡大及び拡大抑制に伴う営業自粛等により一時的かつ緊急的な資金を必要とする企業を対象にファイナンス面のご支援をいたします。


ファイナンス支援の原資のうち20%は、募集した資金に劣後する融資をクラウドバンクグループが行いますので、本プログラムにともない元本の未回収等が生じた場合の損失は、まずクラウドバンクグループから負担するものとします。


③ 本プログラムによるファイナンスの支援を行う法人等に対する金利は3%~4%程度を予定しておりますので、投資家の皆様に対してご提示する目標利回りはクラウドバンクで募集する通常のファンドに比較して低くなりますが、これはリスク等が通常のファンドより低いというものではございませんので、プログラムの趣旨にご賛同いただく投資家様よりご投資頂けますようご留意ください(ファンドの募集時は、本プログラムに基づくファンドである旨を明記させて頂きます)。なお、本プログラムでクラウドバンクが受領する営業者報酬は年利0.1%相当とする予定です。

 

(出典)クラウドバンク公式ページより抜粋(赤太字は筆者)

新型コロナウイルスに関する特別支援プログラムの実施ご案内|クラウドバンク

  

クラウドバンクの男気に惚れた

 

資金繰りの厳しい企業が貸付先になるので、投資家目線ではリスクは決して低くないものの、個人的にはクラウドバンクの男気をべた褒めしたい。

 

クラウドバンクに賛同する人たちが拡散するでしょうから、クラウドバンクに対する信頼となって蓄積され、長い目で見ると回収できそうです。

 

ブランドイメージのマーケティングという側面もあるのでしょうが、真っ先にやるあたり、クラウドバンク、さすがだと思います。

 

→クラウドバンク公式ページ

 

\ついにデフォルトゼロで900億円突破!/

クラウドバンク

 

【ピックアップ】

クラウドバンクの運用額が400万円から50万円台になった話

  


    

【クラウドファンディング業者一覧】

トッティの投資先からお気に入りをピックアップ!

 

Rimple(リンプル)

Rimple(リンプル)

Rimple(リンプル) の特徴と実績は?まとめ・感想【不動産クラウドファンディング】

 

SYLA FUNDING

SYLA FUNDING

SYLA FUNDING(シーラファンディング)始動!【不動産クラウドファンディング】

  

A funding

A funding(エー・ファンディング)登場!情報量が強みの不動産投資型クラウドファンディング

 

ASSECLI

ASSECLI(アセクリ)のまとめ・感想【不動産クラウドファンディング】

 

SAMURAI FUND

SAMURAI証券

SAMURAI(サムライ)の特徴と実績は?メリット・デメリット・感想まとめ 

 

クラウドバンク

クラウドバンク 

【もう650億!】クラウドバンクの活躍が驚異的!

  

FANTAS funding

FANTAS funding

【不動産鑑定士が解説】FANTAS funding(ファンタスファンディング)の評判・メリット・デメリットまとめ

 

CREAL

CREAL

【不動産鑑定士が解説】CREAL(クリアル)の評判・メリット・デメリットまとめ

   

SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディング  

SBIソーシャルレンディングから分配金!【景気が減速しても安定した収入源を】

 

CRE Funding

CRE Funding(シーアールイーファンディング)登場!ついにソーシャルレンディングで物流投資が可能に!

  

※クラウドファンディングは元本を保証する商品ではありません。投資する前は、ご自分でよく調べてくださいね。

   


  

【クラウドファンディング投資額集計】 

業者 投資額 累計分配金(税引前)
OwnersBook 1,700,000円 154,045円
SBISL  1,420,000円 212,103円
maneo(109万円期失) 1,890,000円 295,830円
クラウドバンク 577,000円 309,877円
CREAL 1,120,000円 47,050円
FANTAS funding 850,000円 13,194円
SAMURAI FUND 650,000円 15,544円
Rimple 200,000円 0円
Funds 200,000円 15,403円
SYLA FUNDING 200,000円 0円
CRE Funding 100,000円 0円
Joint α 100,000円 0円
クラウドクレジット 200,000円 16,846円
Pocket Funding 142,000円 4,194円
ASSECLI 30,000円 0円
COOL 0円 111円
LCレンディング(撤退) 0円 18,831円
合計 9,377,000円 1,103,028円