クラウドファンディング投資研究所

サラリーマンを卒業した不動産鑑定士が、クラウドファンディングに投資してみた

【CRE Funding】今はREIT以外でCRE物流に投資できる!誠によき時代かな

f:id:investment-totty:20200624155517j:plain

 

こんにちわ、CRE Fundingにハマってます、トッティです。

 

クラウドファンディングの新興勢力として、今やRimpleと並び、飛ぶ鳥を落とす勢いのCRE Funding。2代巨頭の大ブームの予感です(いや、すでに大ブームですね!)。

 

RimpleとCRE Fundingの両者に共通するのが、東証一部上場企業が運営(保証)すること。このご時世、投資家には「利回り」よりも、「安心感」が求められてることがよく分かります。

 

さて。そんなCRE Fundingの次回ファンドでは、0.5%キャッシュバックキャンペーンも付いてきます!

 

f:id:investment-totty:20200624154115j:plain

→CRE Funding公式ページ  

 

次回ファンドの募集開始は、2020年7月21日19時なので、まだCRE口座開設に余裕がありますね。参考になるかどうか分かりませんが、分析記事をつけさせていただきます(↓)。

 

【チャンス!】CRE Funding「CRE物流ファンド6号羽生」は募集額が大幅アップ!(+0.5%キャッシュバック付き!)

 

今回の記事では、ざっくりと「物流」「CRE Fundingの歴史」を紐解いてみました。CRE Funfdingで投資される方は、知っておいた方がいいのかなぁと思います。

  

\キャンペーンで0.5%キャッシュバック!/

CRE Funding

   

【CRE Fundingって何だっけ?】

CRE Funding(シーアールイーファンディング)登場!ついにソーシャルレンディングで物流投資が可能に!

 

 

CRE Fundingの背景にある物流市場の成長

 

CRE Funding人気化の背景にあるのが、物流市場の成長です。

 

物流市場は拡大中

  

EC(インターネット通販)市場の伸びとともに、商品を保管するための物流倉庫の需要も高まってます。

  

f:id:investment-totty:20200624155613j:plain

(出典)CRE Fundingホームページ

 

海外と比べて、日本市場には「まだまだEC市場の上昇余地がある」とされてますし、昨今はコロナ自粛も、結果的にはEC市場には追い風になりました。

 

物流の空室率は改善が続く

 

次に、「CBREマーケットレポート」を見てみます(物流関係者なら、おなじみのレポートです)。

 

f:id:investment-totty:20200624155622j:plain

(出典)CRE Fundingホームページ

 

↑のグラフを見ると、物流のストック(供給)はドンドン増えているにも関わらず、空室率はドンドン低下するという、逆相関。つまり、供給を上回る需要が続いています。

 

J-REITの物流セクターも伸びている

 

2014年頃からでしょうか、J-REIT物件でも物流を多く見かけるようになりました。

 

こちら(↓)の円グラフを見ると、典型的なアセットであるオフィスの割合が41.1%と大きいですが、次いで商業が17.7%。物流は第3位で、割合は15.8%となってますね。

 

f:id:investment-totty:20200624155632j:plain

(出典)CRE Fundingホームページ

 

ただ、割合は第3位ですが、増加率でみると物流はトップだと思います(正確に調べてませんが、たぶん)。

 

ここ5~6年は、外資系ファンドやJ-REIT物件の鑑定評価でも、物流の評価がめちゃくちゃ増えましたので。

 

CRE Fundingが誕生するまで

 

CREは、元々プロパティマネジメント業務を行っていた「公共ロジスティクス」という会社で、僕の住む千葉県では当時、内陸部の小型倉庫を管理することが多かったと記憶してます。

 

※プロパティマネジメント:PM。主に賃貸などの物件管理業務のこと。

 

その後、CREは2014年頃からアセットマネジメント事業へと参入し、物件の規模も大型化。2016年からJ-REITでCREロジの運用が開始されました。

 

※アセットマネジメント:AM。物件取得から運用・売却までのファンド運営全般を行う。

 

今ではCREロジの管理物件は、首都圏を中心に全国に及びます。

 

f:id:investment-totty:20200624154055j:plain

(出典)CRE Fundingホームページ

 

CREが開発する物流の数も、順調に伸びてます。メチャクチャでかい倉庫もあるので、湾岸部の高速道路からなんかも、CRE倉庫は確認できますね。

 

f:id:investment-totty:20200624154104j:plain

(出典)CRE Fundingホームページ 

 

物流市場が熟し、CREの物件数が増加した段階で、2020年に満を持して、CREがCRE Fundingとして、融資型クラウドファンディングに参入しました!

 

f:id:investment-totty:20200609123004j:plain

 

今はREIT以外でCRE物流に投資できる

 

コロナの影響も懸念されたものの、コロナショックから一転、回復基調のマーケットを追い風に、ここにきてCREグループは絶好調。

 

CREロジ(リート)の株価チャートを見ると、今はコロナショック前の水準以上に回復してます。

 

f:id:investment-totty:20200609122940j:plain

 

まあ...このチャートを見てしまったら、今からリートに投資は難しいですね(笑)。ちなみに、クラファンのCRE Fundingなら、今からでも無問題です。

 

今はリート以外でも、物流に投資できます。いい時代になりました。

 

→CRE Funding公式ページ  

 

\好調な物流ファンド!東証一部CRE/

CRE Funding

 

 【ピックアップ】

【コロナ禍で物流の強さを再認識】クラファン物流「CRE Funding」の未来が楽しみ過ぎる!

                                                       


    

【クラウドファンディング業者一覧】

トッティの投資先からお気に入りをピックアップ!

 

CRE Funding

CRE Funding

CRE Funding(シーアールイーファンディング)登場!ついにソーシャルレンディングで物流投資が可能に!

 

Rimple(リンプル)

Rimple(リンプル)

Rimple(リンプル) の特徴と実績は?まとめ・感想【不動産クラウドファンディング】

    

Funds

Funds

あらためてFundsの人気ぶりを紐解いてみた

 

クラウドバンク

クラウドバンク 

【もう650億!】クラウドバンクの活躍が驚異的!

   

CREAL

CREAL

CREAL(クリアル)の評判・メリット・デメリットを不動産鑑定士が解説

 

SAMURAI FUND

SAMURAI証券

SAMURAI FUNDの特徴と実績は?メリット・デメリット・感想まとめ

   

SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディング  

【SBISL】ソシャレンキングの「あのファンド」に人類は行き着く

 

ジョイントアルファ

Jointoα(ジョイントアルファ)

ジョイントアルファ(Jointo α)本格始動!【東証1部のクラウドファンディング】

 

SYLA FUNDING

SYLA FUNDING

SYLA FUNDING(シーラファンディング)始動!【不動産クラウドファンディング】

 

FANTAS funding

FANTAS funding

FANTAS funding(ファンタスファンディング)の評判・メリット・デメリットを不動産鑑定士が解説

       

A funding

A funding(エー・ファンディング)登場!情報量が強みの不動産投資型クラウドファンディング

 

ASSECLI

ASSECLI(アセクリ)のまとめ・感想【不動産クラウドファンディング】

  

※クラウドファンディングは元本を保証する商品ではありません。投資する前は、ご自分でよく調べてくださいね。

   


  

【クラウドファンディング投資額集計】 

業者 投資額 累計分配金(税引前)
Rimple 200,000円 0円
クラウドバンク 675,000円 314,027円
creal 1,120,000円 56,120円
Funds 900,000円 15,403円
SAMURAI FUND 350,000円 19,853円
CRE Funding 100,000円 287円
SBISL 1,520,000円 229,513円
FANTAS funding 1,450,000円 17,903円
SYLA FUNDING 150,000円 2,130円
OwnersBook 1,500,000円 154,877円
Pocket Funding 142,000円 5,238円
ASSECLI 30,000円 0円
クラウドクレジット 100,000円 29,048円
Jointoα 100,000円 0円
COOL 0円 111円
maneo(109万円期失) 1,890,000円 304,688円
LCレンディング 0円 18,831円
合計 10,227,000円 1,168,029円