クラウドファンディング投資研究所

サラリーマンを卒業した不動産鑑定士が、クラウドファンディングに投資してみた

Joint α

ジョイントアルファ「アルファアセットファンド長崎SC」は投資しても大丈夫?

こんにちわ、トッティです。 久しぶりにジョイントアルファの案件がきましたね!ジョイントアルファの新規募集は、2020年3月以来で、HPリニューアル後初。 今回の案件では、「一度閉店したスーパーを、マンションも併設した複合施設としてよみがえらせる」と…

ジョイントアルファ(Jointo α)の本気!サイトリニューアル編

こんにちわ、トッティです。 東証一部の穴吹興産が運営する不動産クラウドファンディング「Jointoα(ジョイントアルファ) 」が、サイトをリニューアルしました。 この度、ホームページをリニューアルいたしましたのでお知らせいたします。 ご利用される皆様に…

【あなたはどれを選ぶ?】不動産クラファン3兄弟登場!

3月16日。 いよいよ業界注目の不動産クラファン同時募集日が近づいてきました! 2020年3月16日の募集 12時から:ジョイントアルファ 12時から: FANTAS funding 12時半から:ASSECLI 正確には、ジョイントアルファとFANTAS fundingが同時募集で、ASSECLIは30…

【有望株】ジョイントαがクラウドファンディングの中心に!

2020年は、ジョイントアルファを中心に投資していきたいトッティです。 【関連記事】 【2020年の投資方針】クラウドファンディングでダイナミックに方針転換! ジョイントアルファは、東証一部上場のあなぶき興産が運営する、不動産クラウドファンディングの…

【ファンド分析】ジョイントアルファ(Jointo α)「京都祇園」は意外な利回りだった!

こんにちわ、トッティです。 昨日の記事で不動産クラウドファンディング「ジョイントアルファ」の新規ファンドに、大人げなく歓喜の雄たけびを上げたところです。 【待望】ジョイントアルファ新規ファンドは「京都祇園」と「豊洲タワー」! 今回はさっそくで…

【待望】ジョイントアルファ新規ファンドは「京都祇園」と「豊洲タワー」!

こんにちわ、トッティです。 来た来た来ましたね! 東証一部上場のあなぶき興産が運営する、新進気鋭の不動産クラウドファンディング「ジョイントアルファ」で新規ファンドの募集です。 今回は「京都祇園」と「豊洲タワー」の2つ。どちらも以前、ファンド化…

【熱き戦い!】ジョイントアルファ「豊洲タワー」の募集が迫る!

投資家の注目を集めるJointoα(ジョイントアルファ)。いよいよ「豊洲タワー」の募集が近づいてきました! 募集開始は、「11月13日(水)12:00」です。 ファンドの概要 予定利回り3.4% 1口10万円から投資可能 上限金額は500万円まで うーん。下限10万円はい…

【朗報】ジョイントアルファの穴吹興産が鑑定業者登録!

タイトルでネタばれした感がありますが、鑑定業者向けの広報誌をパラパラ眺めていたら驚きました....! たまたま見た「鑑定業者の入会者」の紹介欄に、 「令和元年7月5日入会 穴吹興産(株) 穴吹忠嗣」 と記載があるではありませんか。 ※会員(不動産鑑定士…

うぅ残念!ジョイントアルファ(Joint α)で投資したかった...【クリック合戦で画面かたまる】

うぅ...心待ちにしていたジョイントアルファの「大阪天王寺ファンド」。 【ファンド分析】 【驚愕】ジョイントアルファ(Jointo α)は魅力満載!「大阪天王寺ファンド分析」 残念ながら、画面が固まって投資できませんでした... →ジョイントアルファ公式ペー…

【完全版】ジョイントアルファ(Jointo α)「豊洲タワー」ファンド分析!

こんにちわ、トッティです。 さっそく不動産クラウドファンディング「ジョイントアルファ」で口座を開設しました(9月27日に申請して、9月30日には登録が完了しましたよ)。 ジョイントアルファが楽しみなので、今のうちに募集予定の「豊洲タワー」をファン…

【驚愕】ジョイントアルファ(Jointo α)は魅力満載!「大阪天王寺ファンド分析」

不動産クラウドファンディングに大物「ジョイントアルファ」が参画してきましたね。 まだジョイントアルファの口座開設中ですが、今のうちに募集予定の「大阪天王寺ファンド」を客観的に分析してみました。 結論から言うと、非常に魅力的な物件だと思います…

ジョイントアルファ(Jointo α)本格始動!【東証1部のクラウドファンディング】

不動産クラウドファンディング「Jointoα(ジョイントアルファ) 」が本格始動しました! これまで、大人気の「不動産クラウドファンディング」といえば、ほぼCREAL、FANTAS fundingの2択でした... 人気の受け皿として供給が少ないことが課題でしたが、ここにき…